食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05670660377
タイトル 欧州委員会(EC)保健衛生・食の安全総局(DG SANTE)、食品・飼料早期警戒システム(RASFF)の利用に関する2020年報告書を公表
資料日付 2021年8月23日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  欧州委員会(EC)保健衛生・食の安全総局(DG SANTE)は8月23日、2020年における食品・飼料早期警戒システム(RASFF)の利用に関する年次報告書を公表した。
 2020年において、加盟国からECに報告された食品・飼料のリスクに関する通知は合計3,862件であった。
 これは2019年報告書においての件数よりもやや少なく、おそらくパンデミックの影響で、国境での却下が少なかったためと思われる。うち1,398件は、事業者や当局による迅速な対応が必要とされる、健康リスクが示される「警戒(Alert)」に分類されるものであった。過去7年間に渡り、年間の警戒通知数は2倍に増加しており、これはネットワークの、消費者に重大なリスクをもたらす食品及び飼料を検知、報告する能力が格段に向上したことを示している。最も多く報告されているのは、ゴマに含まれる酸化エチレンである。注目すべきは、酸化エチレンによる汚染のほとんどは、自社内在庫を確認している企業から報告されていることである(公的管理に対する自社管理)。例年同様、2020年の通知はほとんどが食品に関するもので、飼料(6%)、食品接触材料(3%)に関する通知の割合は低い。RASFFは影響を受けた製品の追跡及び市場からの撤去に機能した。
 「食品・飼料早期警戒システム(RASFF)の利用に関する2020年報告書」は以下URLにて閲覧可能。
https://ec.europa.eu/food/safety/rasff/reports_publications_en
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州委員会(EC)保健衛生・食の安全総局(DG SANTE)
情報源(報道) 欧州委員会(EC)保健衛生・食の安全総局(DG SANTE)
URL https://ec.europa.eu/newsroom/sante/items/718919/en
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。