食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05620160391
タイトル 英国健康安全局(HSE)、有効成分シンメチリンのグレートブリテン(GB)における認可に関する意見募集
資料日付 2021年5月20日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  英国健康安全局(HSE)は5月20日、有効成分シンメチリンのグレートブリテン(GB)における認可に関する意見募集を行うと公表した。概要は以下のとおり。
 当該意見募集は、シンメチリン(Cinmethylin)に関するGBでの初めての認可を巡り、GBの評価書素案(Draft Assessment Report:DAR)に関して行われる。
 シンメチリン(製品名:BAS 684 H)は、新たに植物保護製剤に使用される除草剤有効成分の一つであり、一年生雑草及び複数の広葉雑草の成長抑制を意図して穀類作物に使用される。
 認可申請書類一式は、維持された欧州連合(EU)の規則(EC)1107/2009に基づき、BASF Agro B.V., によって提出され、HSEの化学物質に関する規則を担当する部局によって評価が行われた。
 DARより抜粋
 GBにおけるBAS 684 Hの代表的な用途を裏付けるために、複数の植物由来及び動物由来作物に関するMRL(定量下限(LOQ)で示される)として0.01mg/kgが提案されている。
 GBでは油糧種子に関する代表的な用途はないことから、当該認可の枠組みにおいて油糧種子に関してMRLは提案されていない。
 小麦及び大麦に関する代表的な用途と比べ、なたねを使った試験は最悪のケースと判断される。したがって、代表的な用途に基づくはちみつ中のBAS 684 Hの残留は0.01mg/kg未満であると予想される。当該製品のはちみつ中の残留に関するモニタリング手法からLOQとして0.01mg/kgが得られると仮定し、BAS 684 Hの認可の際のはちみつにおけるMRLとして0.01mg/kgが提案されている。当該MRLは、BAS 684 Hのなたねの地上部における残留が開花時に0.01mg/㎏未満となる可能性があることを前提として、将来、なたねへの使用が提案された際にも適用されると考えらえる。
 MRLとして0.01mg/kgが提案されている産物は以下である。
・大麦、小麦
・豚、牛、めん羊、山羊、馬、家きん、他の陸生家畜に由来する産物
・乳
・鳥類の卵
・はちみつ
 意見募集は2021年7月19日まで行われる。
 シンメチリン(BAS 684 H)に関するDARは以下のURLから入手可能。
https://consultations.hse.gov.uk/crd-ppp/ppp-001-cinmethylin-dar/supporting_documents/cinmethylinsanitiseddar.zip
地域 欧州
国・地方 英国
情報源(公的機関) 英国健康安全局(HSE)
情報源(報道) 英国健康安全局(HSE)
URL https://consultations.hse.gov.uk/crd-ppp/ppp-001-cinmethylin-dar/
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。