食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05620140149
タイトル 欧州食品安全機関(EFSA)、農薬有効成分1,4-ジメチルナフタレンに関する現行の最大残留基準値(MRL)のレビューに関する理由を付した意見書を公表
資料日付 2021年5月21日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  欧州食品安全機関(EFSA)は5月21日、農薬有効成分1,4-ジメチルナフタレン(1,4-dimethylnaphthalene)に関する現行の最大残留基準値(MRL)のレビューに関する理由を付した意見書(2021年4月23日承認、45ページ、doi:10.2903/j.efsa.2021.6597)を公表した。概要は以下のとおり。
 欧州議会及び理事会規則(EC) No 396/2005第12条の規定に従って、EFSAは農薬有効成分1,4-ジメチルナフタレンに関する欧州レベルで現在設定されているMRLをレビューした。
 植物、加工済み作物、輪作作物及び畜産物中の1,4-ジメチルナフタレンの存在量を評価するために、EFSAは欧州委員会規則(EU) No 188/2011の枠組みで導出された結論、及び欧州連合(EU)加盟国及び英国から報告された欧州認可(裏付けの残留物データを含む)を検討した。
 利用可能なデータの評価に基づき、MRL案が導出され消費者リスク評価が実施された。消費者への明らかなリスクは特定されなかったが、規制の枠組みに必要な情報が不足していた。したがって、消費者リスク評価は目安として考えられ、EFSAが導出した全てのMRL案はリスク管理者によるさらなる検討を要する。
EFSAによるMRL改正案は以下のとおり(一部抜粋)。
品目       現行MRL mg/kg   MRL改正案 mg/kg
馬鈴薯        15           15     (1) 
豚肉          - 0.03  (2)
豚(脂肪) - 0.4   (2) 
残留物の定義 (1) 1,4-ジメチルナフタレン (2) 1,4-ジメチルナフタレンとその代謝物M23(遊離型及び抱合型)の合計を1,4-ジメチルナフタレンとして表す。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州食品安全機関(EFSA)
情報源(報道) 欧州食品安全機関(EFSA)
URL https://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/6597
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。