食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05610400164
タイトル オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)、食品に含有される植物性自然毒の摂取量に関する調査報告書を公表
資料日付 2021年5月11日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)は5月11日、食品に含有される植物性自然毒の摂取量に関する調査報告書を公表した。
 植物性食品には多くの有益な物質が含まれている。多くの植物性食品には、植物に内在する有害な物質も含まれている可能性がある。これらの有害な物質は植物性自然毒と呼ばれる。植物性自然毒は病気や昆虫などの天敵から植物を守っている。
 植物性自然毒を摂取しても有害でない場合もある。過剰に摂取した場合にのみ有害になる。そのため研究者らは制限値(健康影響に基づく指標値)を設定する。この制限値を超えて摂取した場合、植物性自然毒は健康に有害である可能性がある。
 RIVMは、多くの植物性自然毒について、どのくらいの量をどの食品から摂取しているかを調査した。オランダ食品・消費者製品安全局(NVWA)は、植物性自然毒が過剰に摂取されているかどうか調べるためにこの情報を利用している。調査した食品及び植物性自然毒は以下のとおり。
 ・ジャガイモに含まれるグリコアルカロイド。
 ・ケシの実に含まれるアヘンアルカロイド。
 ・ルピナスを含むグルテンフリー食品や代用コーヒーに含まれるキノリジジンアルカロイド。
 ・ハーブティー、お茶、パン、ビスケット、クラッカー、クッキー、ジャガイモ、ピーマンに含まれるトロパンアルカロイド。
 ・ハーブティー、お茶、ハーブ製剤に含まれるピロリジジンアルカロイド。
 ・アマニ、アーモンドの果汁のような仁果類や核果類の加工食品に含まれるシアン発生性配糖体。
 RIVMは、この調査のためにオランダ人の飲食習慣のデータを使用した。例えば、オランダ人はどのくらいのジャガイモ、野菜、果物を摂取しているか、またどのくらいコーヒーや紅茶を飲んでいるかに関するデータである。この情報は、NVWA及びヴァーヘニンゲン食品安全研究所が提供する食品中の植物性自然毒の含有量に関するデータと組み合わせられている。
 報告書(オランダ語)は下記URLから入手可能。
https://www.rivm.nl/bibliotheek/rapporten/2020-0120.pdf
地域 欧州
国・地方 オランダ
情報源(公的機関) オランダ/公衆衛生・環境保護研究所(RIVM)
情報源(報道) オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)
URL https://www.rivm.nl/publicaties/plantgifstoffen-in-voedsel-hoeveel-krijgen-we-daarvan-binnen
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。