食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05530270297
タイトル 国際獣疫事務局(OIE)、スペインで2020年12月21日に発生した牛海綿状脳症(BSE)患畜に関する即時通知(最終報告)を公表
資料日付 2021年1月7日
分類1 --未選択--
分類2 --未選択--
概要(記事)  国際獣疫事務局(OIE)は1月7日、スペインで2020年12月21日に発生した牛海綿状脳症(BSE)患畜に関する即時通知(最終報告)を公表した。概要は以下のとおり。
1.報告の種類:即時通知(最終報告)/2.発見日:2020年12月21日/3.事案確認日:2020年12月23日/4.事案解決日:2020年12月23日/5.届出理由:リスト記載疾病の再発/6.前回の発生日:2019年7月10日/7.疾病の徴候:無症状感染/8.原因病原体:プリオン(非定型BSE H型)/9.診断:確定検査/10.本事案は、国内の1地域に限定。
I. 本事案
1.発生地:ラ・リオハ州ビニエグラ・デ・アリバ県(Viniegra de Arriba, La Rioja)
2.アウトブレイク発生日:2020年12月21日
3.アウトブレイク状況:解決済み(2020年12月23日)
4.疫学的ユニット:農場
5.患畜:牛、感染可能性(susceptible)353頭、症例1頭、死亡1頭、殺処分0頭、と畜0頭
II. 疫学
1.アウトブレイク源又は感染源:不明又は不確定
2.疫学的コメント:
 当該検体は、全国のTSEサーベイランスプログラム(48か月齢超の死亡牛あるいは食用と畜ではない牛での検体採取)において採取された。患畜は2003年4月20日出生(訳注:17歳8か月)の交雑種雌牛であった。
III. 管理措置
1.適用された措置:(1)トレーサビリティ、(2)家畜製品の公的処分、(3)と体、副産物及び廃棄物の公的処分、(4) 選択的殺処分、(5)消毒、(6)ワクチン許可(ワクチンがある場合)、(7)患畜の無治療
IV. 診断検査結果
 12月23日アルヘテ中央獣医学研究所(国立検査所)にて、ウエスタンブロット法陽性
V. 今後の報告:事案は解決された。更なる報告の提出はない。
地域 その他
国・地方 その他
情報源(公的機関) 国際獣疫事務局(OIE)
情報源(報道) 国際獣疫事務局(OIE)
URL https://www.oie.int/wahis_2/public/wahid.php/Reviewreport/Review?page_refer=MapFullEventReport&reportid=37328
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。