食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05500280184
タイトル ノルウェー国立獣医学研究所(NVI)、フィンランドで2例目となる鹿慢性消耗病(CWD)が確認されたと公表
資料日付 2020年11月17日
分類1 --未選択--
分類2 --未選択--
概要(記事)  ノルウェー国立獣医学研究所(NVI)は11月17日、フィンランドで2例目となる鹿慢性消耗病(CWD)が確認されたと公表した。概要は以下のとおり。
 フィンランド食品局(Finnish Food Authority:FFA) によれば、フィンランドのLaukas(フィンランド語でLaukaa)において、高齢のヘラジカ(雌)で非定型CWDが確認された。フィンランドで2例目である。当該ヘラジカは、狩猟の最中に、衰弱して横たわっている状態で発見された。
 頭部は10月末に、検査のためFFAに送られた。検査の結果、非定型CWDであった。
 フィンランドにおける1例目は高齢のヘラジカ(15歳)で確認された。当該ヘラジカは、Kuhmoにおいて、死亡した状態で発見された(2018年上旬)。
 フィンランドでは、2003年以降、野生のシカ科動物におけるCWDの発生状況に関して調査が行われている。現時点で約5,000頭のシカ科動物についてCWDの検査が行われており、検査結果が陽性であったのはヘラジカ2頭である。
 FFAの発表(スウェーデン語)は以下のURLから入手可能。
https://www.ruokavirasto.fi/sv/odlare/djurhallning/djurhalsa-och-sjukdomar/djursjukdomar/aktuellt-om-djursjukdomar/tse-patraffades-hos-en-avlivad-alg-i-laukas/
地域 欧州
国・地方 ノルウェー
情報源(公的機関) その他
情報源(報道) ノルウェー国立獣医学研究所(NVI)
URL https://www.hjortevilt.no/elgku-i-finland-har-fatt-pavist-prionsykdom/
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。