食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05260620149
タイトル 欧州食品安全機関(EFSA)は、離乳後の子豚、肉用鶏などに使用する飼料添加物としてのECONASE(登録商標)XT(エンド-1,4-β-キシラナーゼを含有する)の認可更新に関する意見書を公表
資料日付 2019年11月7日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  欧州食品安全機関(EFSA)は11月7日、離乳後の子豚、肉用鶏などに使用する飼料添加物としてのECONASE(登録商標)XT(エンド-1,4-β-キシラナーゼを含有する)の認可更新に関する意見書(2019年10月4日採択)を公表した。概要は以下のとおり。
 ECONASE(登録商標)XTは、エンド-1,4-β-キシラナーゼを主成分とする酵素で、Trichoderma reeseiの遺伝子組換え(GM)株により生産される。現時点で、肉用鶏、又は採卵鶏ひな、肉用七面鳥、又は繁殖用七面鳥ひな、採卵鶏、離乳後の子豚、肉用豚及びマイナー種の豚への使用が認可されている。本意見書は、当該添加物を、離乳後の子豚、肉用鶏、採卵鶏ひな、肉用七面鳥、及び繁殖用七面鳥ひなに使用することの認可更新に関するものである。
 当該製品は、現時点で、固形及び液体状の2種類が認可されており、β-キシラナーゼ活性は、それぞれ4,000,000BXU/g及び400,000BXU/gである(1BXUは、pH5.3及び50℃で、樺キシランから還元糖をキシロースとして1秒間に1nmol生成する酵素量)。
 現在の認可申請は、β-キシラナーゼ活性がより低い仕様の3種類の製品も含む。EFSAの「動物用飼料に使用する添加物及び製品又は物質に関する科学パネル」(FEEDAPパネル)は、最新のバッチ中において産生株に由来する組換えDNAが存在する可能性は排除できなかった。しかし、懸念となるシーケンスが産生株に導入されていないことから、最終製品に組換えDNAが存在する可能性があっても安全性上の懸念とはならない。
 認可使用条件下で当該製品を使用した場合の対象動物種、消費者、使用者及び環境への安全性に関する以前の結論を再考すべき新たなエビデンスはなかったことから、同パネルは、ECONASE(登録商標)XTは、対象動物種、当該添加物を給餌した動物に由来する製品の消費者及び環境に対して安全であると確証する。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州食品安全機関(EFSA)
情報源(報道) -
URL https://efsa.onlinelibrary.wiley.com/doi/10.2903/j.efsa.2019.5880