食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05260130149
タイトル 欧州食品安全機関(EFSA)、香料グループ評価215改訂1(FGE.215Rev1):α、β-不飽和シンナミルケトン類に関する科学的意見書を公表
資料日付 2019年11月11日
分類1 --未選択--
分類2 --未選択--
概要(記事)  欧州食品安全機関(EFSA)は11月11日、香料グループ評価215改訂1(FGE.215Rev1):香料グループ評価19(FGE.19)のサブグループ3.2の7種類のα、β-不飽和シンナミルケトン類に関する科学的意見書を公表した。概要は以下のとおり。
 香料グループ評価215において、EFSAの「食品接触材料、酵素、香料及び加工助剤に関するパネル」(CEFパネル)は、遺伝毒性の懸念が除外できず、代表する2種類の香料物質である4-フェニルブタン-3-エン-2-オン(FL‐no: 07.024)及び1-(4-メトキシフェニル)ぺンタ-1-エン-3-オン(FL‐no: 07.030)のin vivo データを要請した。香料業界は、それら両香料物質の追加の遺伝毒性試験結果を提供した。
 「食品添加物及び香料に関するパネル」(FAFパネル)は、新しいデータに基づき、代表する香料物質FL-no: 07.024、並びに化学構造的に関連する4-フェニルブタン-3-エン-2-オール(FL-no: 02.066)及び3-メチル-4-フェニルブタン-3-エン-2-オン(FL-no: 07.027)の遺伝毒性の懸念が除外でき、したがって、香料グループ評価69(FGE.69)における評価手順で評価できると結論付けた。
 FAFパネルは、代表する香料物質であるFL-no: 07.030について、in vitroでの異数性誘発物質であると結論付けた。このような物質に対しては、現在それらの安全性評価を最終化するための同意されたフォローアップ手法はない。FAFパネルは、EFSAの科学委員会がこの問題への対処しようと、in vitroでの異数性誘発物質の評価を明確にする声明を準備していることを承知している。したがって、FAFパネルは、当面の間、FL-no: 07.030、並びに化学構造的に関連する香料物質のバニリリデンアセトン(FL-no: 07.046)及び1-(4-メトキシフェニル)-4-メチルぺンタ-1-エン-3-オン(FL-no: 07.049)については評価手順で評価できないと結論付けた。
 FAFパネルは更に、4-(2,3,6-トリメチルフェニル)ブタン-3-エン-2-オン(FL-no: 07.206)がメチル基の存在により独自の香料物質であると見なし、したがって、FL-no: 07.206についてのin vitroの遺伝毒性のデータを要請した。業界は、FL-no: 07.206については今後サポートしないことを明らかにし、したがって追加のデータを提出しなかった。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州食品安全機関(EFSA)
情報源(報道) -
URL http://www.efsa.europa.eu/en/efsajournal/pub/5875