食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu01120550105
タイトル 腸管出血性大腸菌O157:H7
資料日付 2005年10月2日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  米国ミネソタ州保健当局は9月30日腸管出血性大腸菌O157:H7による食中毒11例を調査し、原因と思われる食品をスーパーマーケットで販売されていたDole社製包装済みサラダ野菜と特定した。
 これを受け食品医薬品庁(FDA)は10月2日付で下記包装済みサラダ野菜は食べずに廃棄するよう危害情報を発表した。
①Classic Romaine - 消費期限:September 23, 2005;B250で始まる製造コード
②American Blend - 消費期限:September 23, 2005;B250で始まる製造コード
③Greener Selection - 消費期限 September 22, 2005;B250で始まる製造コード
 当該製品は全国の小売店に流通している。
 ミネソタ州保健当局のプレスレリースは、以下のURLから入手可能。
(http://www.health.state.mn.us/news/pressrel/ecoli093005.html)
地域 北米
国・地方 米国
情報源(公的機関) 米国/食品医薬品庁(FDA)
情報源(報道) FDA
URL http://www.fda.gov/bbs/topics/news/2005/new01239.html
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。