食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu01100450294
タイトル WHO、体重超過及び肥満の増加と心疾患及び脳卒中の脅威に関する警告を公表
資料日付 2005年9月22日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  WHOは9月22日、「体重超過及び肥満の急激な増加に伴う心疾患及び脳卒中の脅威の増加を警告する」と題するプレスリリースを公表し、健康的な食事、運動、禁煙を促した。概要は以下のとおり。
 WHOは、世界で10億を超える人々が体重超過で、この傾向が続けばこの数字は2015年までに15億人に増加すると試算している。
 体重超過と肥満は心血管疾病の大きなリスク要因である。心血管疾病は死因の第一位を占めており、毎年1,700万人を超える人々が死亡している。かつて豊かな国々だけの問題と考えられていたが、WHO の推定では低位及び中位レベルの収入諸国で体重超過及び肥満が劇的に増加していることを示している。これは、エネルギー、脂肪分、塩分及び砂糖が豊富な食事へのシフト、運動不足傾向を含む数々の要因によるものである。WHOは、バルバドス、エジプト、マルタ、メキシコ、南アフリカ、トルコ及び米国といった諸国の30歳を越える女性の75%以上が体重超過であると試算している。ちなみにアルゼンチン、ドイツ、ギリシア、クウェート、ニュージーランド、サモア及び英国では男性の75%が体重超過である。特に、ナウルやトンガからなる西太平洋諸島は、成人10人中9人が体重超過で最も体重超過の出現率が高い。
 肥満指数(body mass index:BMI)の増加は、心臓疾患、脳卒中、2型糖尿病及びその他慢性疾患の主要なリスク要因である。WHOは、今後10年間で心血管疾患が地中海東部及びアフリカ地域で最も顕著に増え、心血管疾患による死亡が25%以上増加すると推測している。
 心疾患、脳卒中及び2型糖尿病の約80%、がんの約40%は、健康的な食事、規則的な運動及び禁煙で回避できる可能性がある。
 体重超過とはBMI≧25、肥満とはBMI≧30と定義される。
 BMI=[体重kg÷身長cm÷身長cm]×10,000
地域 その他
国・地方 その他
情報源(公的機関) 世界保健機関(WHO)
情報源(報道) WHO
URL http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2005/pr44/en/index.html
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。