食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu00970360111
タイトル カナダ、BSEサーベイランスの年度目標を越える
資料日付 2005年6月25日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  カナダ食品検査庁(CFIA)は6月24日、同国のBSEサーベイランス検査頭数が本年度の目標である3万頭を超え、6月17日に32,363頭に達したことを公表した。
 カナダのBSE検査の水準と内容は国際獣疫事務局(OIE)の推奨する指針と完全に一致している。検体は、国内の30ヶ月齢以上の全ての死亡牛、歩行不能牛、疾病牛及び月齢を問わず臨床的にBSEが疑われる牛を対象とした高リスク牛から採取されている。検査計画の確実性と鋭敏性から、カナダにおけるBSEは著しく低レベルであり、低下しているという確証が得られている。
 年度半ばで目標頭数を越えたということは、サーベイランス計画の有効性と、生産者が高リスク牛を検知する能力の高いことを示している。2004年には連邦、州政府とも、生産者が高リスク牛に該当する検体を提供した場合、獣医師の検査費やと体処理費などの必要経費を補償するさまざまな制度を発足させている。このような協力体制は国のサーベイランス計画の実施に当たって必須であり、また、カナダの家畜と市民の衛生および食品安全を継続的に警戒する上で欠かせないことである。
地域 北米
国・地方 カナダ
情報源(公的機関) カナダ食品検査庁(CFIA)
情報源(報道) カナダ食品検査庁
URL http://www.inspection.gc.ca/english/corpaffr/newcom/2005/20050624e.shtml
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。