食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu00950370160
タイトル 英国食品基準庁の将来戦略を支持する科学的根拠の調査研究方法について
資料日付 2005年6月6日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  英国食品基準庁(FSA)は、先に設定された2005年から2010年にかけての新しいFSAの戦略に照らして、その科学的根拠を明らかにする方法(Science Strategy)を見直すこととし、調査研究の諮問機関(ACR)及び科学戦略運営委員会(SSSG)の助力により作成した科学戦略案について、8月29日を期限に意見募集を開始した。この案は、以下のサイトより入手可能であるが、大きく2部にわかれ、その1部は今後5ヵ年を見通す将来計画についての考え方をまとめてある。
 具体的には、戦略をサポートする6大テーマ(食品由来の疾患、TSE, 化学的及び放射線学的なリスク、健康になるための食事、食品を選ぶ際の表示問題、関連法律及び費用を含む経済性などの基礎的事項)ごとに調査研究を進めていく方法について述べている。
 またその2部においては、科学戦略が掲げる5大目標(.政策、勧告を伝達する上で必要な科学的根拠を特定すること、.科学的根拠を得ること、.科学的根拠を利用できるようにすること等)の達成方法及び考え方についてまとめている。
 http://www.food.gov.uk/multimedia/pdfs/sciencestrategy20052010draft.pdf
地域 欧州
国・地方 英国
情報源(公的機関) 英国食品基準庁(FSA)
情報源(報道) UKFSA
URL http://www.food.gov.uk/news/newsarchive/2005/jun/scistrat
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。