食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu00930430294
タイトル WHOのプレスリリース「世界保健総会が終了:世界の公衆衛生に影響を及ぼす重要な数々の議決を採択した」
資料日付 2005年5月25日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  WHOは5月25日、「世界保健総会が終了:世界の公衆衛生に影響を及ぼす数々の重要な議決を採択した」と題するプレスリリースを公表した。
 WHO加盟192カ国、非政府組織及びオブザーバーから2,200名以上の出席を得て5月16~25日にかけて開催された第58回セッションが25日に終了した旨報道し、総会で採択された以下に示す食品安全関連の概略も紹介している。
①「インフルエンザの世界的流行に対する備えと対応」の重要性を強調し、加盟各国にインフルエンザの世界的流行に対する備えと対応に用いる国家レベルの対策の作成及び実施を求める決議を採択した。
②「乳児及び幼児の栄養」を討議し、加盟各国に生後6ヶ月間乳児に母乳を与えることを引き続き保護、促進そして援助することを求め、さらに乳児用粉末調製乳が病原性微生物を含んでいる可能性があり、適切に調製し使用しなければならないこと、健康危害を最少のものとするために乳児用粉末調製乳の調製、使用及び取り扱いに用いる最善の規範(best practice)を告知することを加盟国に促した。
③「ヨウ素欠乏による異常(IDD)」が子供の脳障害を引き起こす原因であり、ヨウ素欠乏の発生が高率である加盟国ではこの問題の根絶に向けた一層の努力を求めるとした。
④「抗菌剤耐性」が持つ脅威の増加に鑑み、とりわけ医薬品の合理的な使用を通じて今以上にこれを封じ込めることを目的とする議決を採択した。
⑥ WHOに「アルコールの有害摂取」によって引き起こされる公衆衛生上の諸問題を検証することを求める議決を採択した。
 各議決を含む全ての文書は、以下に示すWorld Health Assembly(WHA)のweb siteから入手可能である。
http://www.who.int/gb/e/e_wha58.html
地域 その他
国・地方 その他
情報源(公的機関) 世界保健機関(WHO)
情報源(報道) WHO
URL http://www.who.int/mediacentre/news/releases/2005/pr_wha06/en/index.html
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。