評価書詳細

項目 内容 添付資料ファイル
評価案件ID kya20040702179 -
評価品目名 1,000℃以上で焼却処理した肉骨粉の焼却灰及び炭化物を肥料として利用すること -
評価品目分類 プリオン -
用途 水稲、果樹、野菜等あらゆる農作物の肥料 -
評価要請機関 農林水産省 -
評価要請文書受理日 2004年7月2日
評価要請の根拠規定 食品安全基本法第24条第3項 -
評価目的 1000℃以上で焼却処理された肉骨粉の焼却灰及び炭化物を肥料として利用することに係る食品健康影響評価 -
評価目的の具体的内容 -
評価結果通知日 2005年7月28日 -
評価結果の要約  牛の特定危険部位及びと畜場法(昭和28年法律第114号)第14条の検査を経ていない牛の部位が混合しない肉骨粉を原料として、空気を流通させた状態で1,000℃、5分間以上の処理で製造された焼却灰、及び空気を遮断した状態で1,000℃、30分間以上の処理で製造された炭化物を肥料に利用することに係る人への食品健康影響(リスク)は、無視できると考えられる。
評価結果の要約補足 - -