調査情報詳細

評価案件ID cho2005033104a
評価案件 食品に含まれる汚染物質等の健康影響評価に関する情報収集調査(平成16年度)
資料日付 2005年3月31日
分類1 化学物質
分類2 化学物質・汚染物質
事業概要 食品安全委員会は現在厚生労働省から、食品に含まれるカドミウム、及び清涼飲料水に含まれる48 種類の化学物質について、食品健康影響評価を行うことを求められている。本報告書は、これらの物質のうち本年度の調査対象とされた36 物質等〔六価クロム、メチル水銀、セレン、鉛、ひ素、シアン、硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素、ふっ素、ほう素、四塩化炭素、1,4-ジオキサン、1,1-ジクロロエチレン、シス-1,2-ジクロロエチレン、ジクロロメタン、テトラクロロエチレン、ベンゼン、臭素酸、クロロ酢酸、ジクロロ酢酸、トリクロロ酢酸、ホルムアルデヒド、銅、マンガン、アンチモン、ウラン、ニッケル、亜硝酸性窒素、1,2-ジクロロエタン、トランス-1,2-ジクロロエチレン、1,1,2-トリクロロエタン、トルエン、フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)、1,1,1-トリクロロエタン、メチル-t-ブチルエーテル、バリウム〕について、食品安全委員会が行う食品健康影響評価の検討の基礎資料とするために、当該評価を行う上で必要となる毒性評価、疫学調査等の最新の科学情報を収集、整理し、取りまとめたものである。
事業名 食品安全確保総合調査
実施機関 食品安全委員会
添付資料ファイル