食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05830590314
タイトル ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)、グラス表面のコロナウイルスは市販の洗剤とグラス用の洗浄道具を使った手洗いで効果的に除去できるとの論文が公表された旨の情報提供
資料日付 2022年5月3日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は5月3日、グラス表面のコロナウイルスは市販の洗剤とグラス用の洗浄道具を使った手洗いで効果的に除去できるとの論文が公表された旨の情報提供を行った。概要は以下のとおり。
 当該論文は、従来の洗浄方法を用いた場合のグラス表面上のコロナウイルスの安定性及びウイルス不活化に関するデータを提供している。
 コロナウイルスは、汚染された表面を介した伝播も考えられるが、全体的なリスクは低いと推測される。とは言え、飲用グラスは直接口及び口腔に触れることから、汚染された飲用グラスを介した伝播によってリスクが高まる可能性がある。
 コロナウイルスは、ドイツ工業規格(DIN 6653-3)に準拠したグラス用の洗浄道具を使って洗浄した結果、汚染されたグラスから効果的に除去された。当該結果から、コロナウイルスはグラス表面では比較的安定していることが分かったが、同時に、通常の手洗い手順で除去できることが示された。
 当該論文「コロナウイルスはガラス上では安定だが、手洗いで除去できる(Coronaviruses are stable on glass, but are eliminated by manual dishwashing procedures)」(Food Microbiology (2022, 106:104036)、dio:10.1016/j.fm.2022.104036)は以下のURLから入手可能。
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0740002022000600
地域 欧州
国・地方 ドイツ
情報源(公的機関) ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)
情報源(報道) ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)
URL https://www.bfr.bund.de/de/presseinformation/2022/16/coronaviren_auf_glas__handelsuebliche_spuelmittel_und_manuelle_glaeserspuelgeraete_entfernen_viren_effektiv-296430.html
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。