食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05280060305
タイトル 欧州連合(EU)、ベンフルラリン等10有効成分の認可期間の延長を公表
資料日付 2019年12月9日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  欧州連合(EU)は12月9日、ベンフルラリン(benfluralin)等10有効成分の認可期間の延長に関して欧州委員会施行規則(EU) No 540/2011の改正を官報(PDF3ページ)で公表した。
 ベンフルラリン等10有効成分の認可の更新申請が、欧州委員会施行規則(EU) No 844/2012の規定に従って提出された。
 これらの有効成分の評価が申請者のコントロールできない理由で遅れているため、認可更新に関する決定が行われる前に認可が失効すると考えられる。したがって、認可期間を延長する必要がある。
 以上の経過及び観点から、欧州委員会施行規則(EU) 2019/2094を採択する。
第1条 欧州委員会施行規則(EU) No 540/2011の付属書を本規則の付属書の規定に従って改正する。
付属書 同施行規則の付属書Aを次のとおり改正する。
 認可の失効日を2021年1月31日に置き換える有効成分: メコプロップ-P (Mecoprop-P)、ピラクロストロビン(Pyraclostrobin)、マンコゼブ(Mancozeb)、メチラム(Metiram)、オキサミル(Oxamyl)、ジモキシストロビン(Dimoxystrobin)
 認可の失効日を2021年2月28日に置き換える有効成分: フルトラニル(Flutolanil)、ベンフルラリン(Benfluralin)、フルアジナム(Fluazinam)、メピコート(Mepiquat)

 
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州連合(EU)
情報源(報道) -
URL https://eur-lex.europa.eu/legal-content/EN/TXT/PDF/?uri=CELEX:32019R2094&from=EN