食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05110280104
タイトル 米国疾病管理予防センター (CDC)、七面鳥挽肉に関連した複数州におけるサルモネラ集団感染症に関する情報を公表
資料日付 2019年3月14日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  米国疾病管理予防センター (CDC)は3月14日、バターボールブランドの七面鳥挽肉に関連した複数州におけるサルモネラ集団感染症に関する情報を公表した。概要は以下のとおり。
1. CDC、複数州の公衆衛生及び規制当局、並びに米国農務省(USDA)の食品安全検査局(FSIS)は、バターボール社(Butterball, LLC)製の七面鳥挽肉に関連した複数州におけるSalmonella Schwarzengrund株による集団感染症について調査を行っている。
2. 2019年3月14日現在、S. Schwarzengrund集団感染株の感染者6人が3州(ウィスコンシン州、ノースカロライナ州及びミネソタ州)から報告されている。
3. 発症日は2018年12月19日から2019年2月2日まで、患者の年齢は1歳未満~71歳、年齢中央値は55歳であった。83%が女性であった。1人(17%)が入院した。死亡者の報告はない。
4. 全ゲノムシークエンス解析(WGS)では、患者から分離された5菌株において、ストレプトマイシン、スルフイソキサゾール及びテトラサイクリンに対する薬剤耐性が予想された。現在、CDCの全米薬剤耐性監視システム(NARMS)検査機関による標準薬剤感受性試験法を用いた集団感染株の試験が実施中である。この耐性は多くの患者の治療に使用される抗菌性物質の選択には影響しない可能性が高い。
5. 疫学及び検査の証拠は、ノースカロライナ州Mount Oliveにあるバターボール社の七面鳥挽肉が本集団感染源である可能性が高いことを示している。
6. 3月13日、バターボール社は、S. Schwarzengrundで汚染されている可能性のある約78,164ポンド(35.5トン)の七面鳥挽肉製品をリコールした。
7. 本調査は進行中である。CDCは更なる情報が入手され次第、最新情報を公表する。
地域 北米
国・地方 米国
情報源(公的機関) 米国/疾病管理予防センター(CDC)
情報源(報道) 米国疾病管理予防センター(CDC)
URL https://www.cdc.gov/salmonella/schwarzengrund-03-19/index.html