食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05060490105
タイトル 米国食品医薬品庁(FDA)、「秘密を明かす:どのくらいのカフェインが「過剰」摂取なのか?」と題する消費者向け文書を公表
資料日付 2018年12月12日
分類1 化学物質
分類2 その他
概要(記事)  米国食品医薬品庁(FDA)は12月12日、「秘密を明かす:どのくらいのカフェインが「過剰」摂取なのか?」と題する消費者向け文書を公表した。概要は以下のとおり。
 FDAの科学者によると、カフェインは大部分の人々にとっては健康な食事の一部となり得るが、過剰なカフェインは健康危害をもたらす可能性がある。体重、服用の可能性がある薬剤及び個々の感受性等の要因に応じて、「過剰」は人によって異なる。
 以下の「質問と回答」で、カフェインについての理解を含めよう。
 「質問」
1. どのような食品及び飲料にカフェインが含まれているか?
2. 食品あるいは飲料のカフェイン含有量を知る方法は?
3. 「カフェイン抜き(デカフェ)」と表示されているコーヒー・紅茶は、カフェインが含まれていないことを意味するのか?
4. どのくらいのカフェインが「過剰」か?
5. 自分の許容量を超えたカフェインを摂取したかどうかは、どのように分かるのか?
6. カフェインは健康危害をもたらすか?
7. 子供がカフェインを摂取しても大丈夫か?
8. 大量のカフェインを飲めば睡眠の代わりになるか?
9. 不快な副作用を起こさずに、カフェインを減らすにはどうしたらよいか?
 「回答」の6.では、カフェインの急性毒性に関して以下の注意喚起を行っている。
発作のような毒性作用は、約1,200mg、又は大さじ(tablespoon)0.15杯の純カフェイン粉末の急速な摂取で起こり得る。高純度で高濃度のカフェイン含有製品(これらの製品は、栄養補助食品としてラベルされることが多い)は、重大な公衆衛生上の脅威となる。小さじ(teaspoon)1杯の純カフェイン粉末は28カップ分のコーヒーに、半カップの高濃度カフェイン液体製品は20カップ以上のコーヒーに相当し、これらは、死亡を含む健康に重大な影響を及ぼし得る毒性量である。
地域 北米
国・地方 米国
情報源(公的機関) 米国/食品医薬品庁(FDA)
情報源(報道) -
URL https://www.fda.gov/ForConsumers/ConsumerUpdates/ucm350570.htm