食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05050790104
タイトル 論文紹介:「韓国における室内飼いネコでの高病原性鳥インフルエンザA(H5N6)」
資料日付 2018年12月1日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  Emerging Infectious Diseases (Volume 24, Number 12?December 2018)に掲載された論文「韓国における室内飼いネコでの高病原性鳥インフルエンザA(H5N6) (Highly Pathogenic Avian Influenza A(H5N6) in Domestic Cats, South Korea)、著者KyungHyun Lee (Animal and Plant Quarantine Agency, 韓国)ら」の概要は以下のとおり。
 2016年12月、韓国においてネコが全身性病変を伴う高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)に感染しているのが発見された。遺伝子解析から、ネコの分離株は付近の養鶏場から分離されたHPAI H5N6ウイルス株と相似していたことが示された。この発見から、HPAI集団感染では家で飼われている哺乳類の監視調査の必要性が明らかになった。
 当該論文は以下のURLから入手可能。
https://wwwnc.cdc.gov/eid/article/24/12/pdfs/18-0290.pdf
地域 北米
国・地方 米国
情報源(公的機関) 米国/疾病管理予防センター(CDC)
情報源(報道) Emerging Infectious Diseases
URL https://wwwnc.cdc.gov/eid/article/24/12/18-0290_article