食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05050730294
タイトル 世界保健機関(WHO)、A型肝炎に係るファクトシートを更新
資料日付 2018(平成30)年9月19日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  世界保健機関(WHO)は9月19日、A型肝炎に係るファクトシートを更新した。概要は以下のとおり。
1.主な事実
(1)A型肝炎は、軽度から重度までの疾病を引き起こすウイルス性の肝臓疾患である。
(2)A型肝炎ウイルス(HAV)は、汚染食品及び水の摂取、あるいは感染者との直接の接触を通して伝播される。
(3)A型肝炎感染者のほぼ全員は完治し、免疫は生涯保持される。しかしながら、ごく少数だがA型肝炎感染者が劇症肝炎により死亡することがある。
(4)A型肝炎感染の危険性は、安全な水の欠如及び不衛生な設備や不衛生状態(汚れた手等)に関連する。
(5) 爆発的流行になることがあり、相当な経済的損失の原因となる可能性がある。
(6) A型肝炎予防のための安全で効果的なワクチンが利用可能である。
(7)安全な水の供給、食品安全、衛生設備の改善、手洗い及びA型肝炎ワクチンが、当疾病に抗する最も効果的な手段である。
2. 地理的分布
3. 伝播
4. 症状
5. リスク集団
6. 診断
7. 治療
8. 予防
9. 予防接種の取り組み
10. WHOの対応
地域 その他
国・地方 その他
情報源(公的機関) 世界保健機関(WHO)
情報源(報道) 世界保健機関(WHO)
URL https://www.who.int/news-room/fact-sheets/detail/hepatitis-a