食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05050630105
タイトル 米国食品医薬品庁(FDA)、アボカド及びとうがらし類の検査に関する報告書を公表
資料日付 2018年12月7日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  米国食品医薬品庁(FDA)は12月7日、アボカド及びとうがらし類の検査に関する報告書を公表した。概要は以下のとおり。
 FDAは、丸ごとの生アボカド及びとうがらし類の検体を採取して、各農産物にどのくらいの頻度で有害な微生物が存在するかを調査した2つの報告書を発表した。
 とうがらし類のサンプリング割当では、FDAは、サルモネラ属菌、腸管出血性大腸菌O157:H7、及び他の種類の志賀毒素産生性大腸菌(STEC)について、国内及び輸入とうがらし類検体を収集、検査し、分析した。検査したとうがらし類1,615検体のうち、46検体(2.85%)はサルモネラ属菌陽性であり、1検体はSTEC陽性であったが、更なる検査では、当該STEC株は重症疾患の原因となるものではないことが分かった。
 丸ごとの生アボカドのサンプリング割当では、FDAは、サルモネラ属菌及びリステリア・モノサイトゲネス(Listeria monocytogenes)について、国内及び輸入アボカド1,615検体を収集、検査し、分析した。検査した1,615検体のうち、12 検体(0.74%)がサルモネラ属菌陽性であった。L. monocytogenes検査に関して、FDAは主にアボカドパルプ検体(パルプは食用の果肉部分のこと)及び果皮の検体について検査した。アボガドパルプ1,254検体のうち、3検体(1%よりはるかに少ない)がL. monocytogenes陽性であった。 アボカド果皮361検体のうち、64検体(17.73%)がL. monocytogenes陽性であった。
 詳細情報は、以下のURLから入手可能。
「微生物調査サンプリング:2016-2017会計年度 とうがらし類」
https://www.fda.gov/Food/ComplianceEnforcement/Sampling/ucm619831.htm
「微生物調査サンプリング:2014-2016会計年度 丸ごとの生アボカド」
https://www.fda.gov/Food/ComplianceEnforcement/Sampling/ucm619834.htm
地域 北米
国・地方 米国
情報源(公的機関) 米国/食品医薬品庁(FDA)
情報源(報道) 米国食品医薬品庁(FDA)
URL https://www.fda.gov/Food/NewsEvents/ConstituentUpdates/ucm623294.htm