食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05050310108
タイトル 米国環境保護庁(EPA)、除草剤クロマゾンの残留基準値設定に関する最終規則を公表
資料日付 2018(平成30)年12月6日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  米国環境保護庁(EPA)は12月6日、除草剤クロマゾン(Clomazone)の残留基準値設定に関する最終規則を公表した。概要は以下のとおり。
 EPAは、除草剤クロマゾンを、複数の作物に適用する場合の残留基準値を設定する旨を公表した。
 当該規則は同日から有効で、異議申立てや聴聞会の要請は2019年2月4日まで受け付ける。
・十六ささげ、乾燥種子:0.05ppm
・ソラマメ、乾燥種子:0.05ppm
・ソラマメ、多汁多肉の種子(訳注:未成熟豆):0.05ppm
・インゲンマメ、乾燥種子:0.05ppm
・ライマメ、乾燥種子:0.05ppm

 当該官報のPDFファイルは、以下のURLから入手可能。
https://www.gpo.gov/fdsys/pkg/FR-2018-12-06/pdf/2018-26345.pdf
地域 北米
国・地方 米国
情報源(公的機関) 米国/環境保護庁EPA(EPA)
情報源(報道) 米国環境保護庁(EPA)
URL https://www.federalregister.gov/documents/2018/12/06/2018-26345/clomazone-pesticide-tolerances