食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05050070149
タイトル 欧州食品安全機関(EFSA)、実験動物におけるポリ塩化ジベンゾダイオキシン類及びポリ塩化ジベンゾフラン類(PCDD/Fs)並びにダイオキシン様ポリ塩化ビフェニル類(DL-PCBs)のの毒性に関連した試験の文献検索、関連性の選定及びデータ抽出に関する外部機関の科学報告書を公表
資料日付 2018年11月20日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  欧州食品安全機関(EFSA)は11月20日、実験動物におけるポリ塩化ジベンゾダイオキシン類及びポリ塩化ジベンゾフラン類(PCDD/Fs)並びにダイオキシン様ポリ塩化ビフェニル類(DL-PCBs)のの毒性に関連した試験の文献検索、関連性の選定及びデータ抽出に関する外部機関の科学報告書(2018年11月16日承認、68ページ、doi:10.2903/sp.efsa.2018.EN-1137)を公表した。概要は以下のとおり。 
 PCDD、PCDFs及びDL-PCBsは環境、食事及びヒトの組織の至るところに検知されている。
 EFSAのフードチェーンにおける汚染物質(CONTAM)パネルは欧州委員会より、食品及び飼料中のダイオキシン類及びDL-PCBsの存在に関するヒトの健康及び動物の衛生のリスクに関する科学的意見を提出するよう指令を受けた。
 ハザードの特定及び特性決定の段階の準備作業を支援するために、EFSAは広範な文献検索(ELS)、それに続く関連評価及びデータ抽出をwca environment社に外部委託した。
 EFSAの要求事項に従って、wcaは試験動物中の17の2,3,7,8-置換ダイオキシン類(PCDDs)、フラン類(PCDFs)及び12のDL-PCBsの毒性に関連する試験を検索する2つの調整した検索方法を開発した。
 ELSで、Web of Science中に4,544件、PubMed中に559件の記事を検索した。182件の重複を除いた合計4,921の記事がDistillerSR(登録商標)に取り込まれた。関連する論文は適格性審査に基づき、2名の熟練の毒性学者により正副2通選定された。定義済みの関連情報はDistillerSR中の272件の参考文献から抽出された。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州食品安全機関(EFSA)
情報源(報道) 欧州食品安全機関(EFSA)
URL http://www.efsa.europa.eu/en/supporting/pub/en-1137