食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05010680314
タイトル ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)、食品を介したリステリア感染に関して注意喚起
資料日付 2018(平成30)年9月27日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は9月27日、食品を介したリステリア感染に関して注意喚起(2018年9月27日付け No.30/2018)を行った。概要は以下のとおり。
 リステリアが原因の食中毒患者数は、ドイツ及び欧州連合(EU)において増加傾向にある。これを受け、BfRは、特定の食品の摂取が原因のリステリア症は非常に重症化して死に至る場合があるとして注意喚起を行っている。特に高齢者、妊婦、免疫力が低下している人たちはリステリア症リスクを有する。ゆえに、特にこれらの集団が特定の食品を摂取する際には特別な規則を守るべきである。同時に、キッチンにおける衛生遵守も重要である。
 ドイツにおけるリステリア症患者数の年間報告数(ロベルト・コッホ研究所:RKI)は、2009年以降大幅に増加している(2009年396人、2017年771人)。リステリア感染症の発生は比較的稀であるが、進行すると重症化することから、感染発生は重大である。2016年に報告された患者の7%が死亡している。EUにおけるリステリア症患者数も2009年以降増加している。
 BfRは、助言をまとめたリーフレット「食品を介したリステリア感染から身を守るために」を作成している。
 当該リーフレット(ドイツ語、4ページ)は以下のURLから入手可能。
https://www.bfr.bund.de/cm/350/verbrauchertipps-schutz-vor-lebensmittelinfektionen-mit-listerien.pdf
地域 欧州
国・地方 ドイツ
情報源(公的機関) ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)
情報源(報道) ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)
URL https://www.bfr.bund.de/en/press_information/2018/30/listeriosis__rare_but_dangerous_for_the_elderly__expectant_mothers_and_immunocomprimised_persons-205419.html