食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu05001330294
タイトル 世界保健機関(WHO)、「健康的な食事」と題するファクトシートを公表
資料日付 2018(平成30)年8月24日
分類1 その他
分類2 --未選択--
概要(記事)  世界保健機関(WHO)は8月24日、「健康的な食事」と題するファクトシートを公表した。概要・構成は以下のとおり。

1. 主な事実

・健康的な食事は、全ての形態の栄養失調並びに糖尿病、心臓病、脳卒中及びがん等の非感染性疾患(NCDs)を予防するのに役立つ。

・不健康な食事と運動不足は、地球規模の健康リスクをもたらしている。

・健康的な食生活は人生の早い段階から始まる。母乳育児は健康な成長を促し、認知発達を向上させ、過体重あるいは肥満、そしてその後のNCDs発症等の危険性を減らす。

・エネルギー摂取量(カロリー)は、エネルギー消費量とのバランスが取れている必要がある。不健康な体重増加を避けるためには、総脂質が総エネルギー摂取量の30%を超えてはならないというエビデンスがある。飽和脂肪酸及びトランス脂肪酸から不飽和脂肪酸への脂質消費のシフト及び工業的に生産(副生)されたトランス脂肪酸(industrial trans fats)の排除に向けて、飽和脂肪酸の摂取量は総エネルギー摂取量の10%未満、トランス脂肪酸の摂取量は総エネルギー摂取量の1%未満とするべきである。

・遊離糖類の摂取量を総エネルギー摂取量の10%未満に制限することは、健康な食事の一部である。更なる健康上の便益のために、総エネルギー摂取量の5%未満への一層の減少が提案されている。

・食塩摂取量を1日5g以下に抑えることは、高血圧を予防し、成人集団における心臓病や脳卒中のリスクを低減するのに役立つ。

・WHO加盟国は、世界人口規模での食塩摂取量を30%削減し、2025年までに成人及び青少年における糖尿病及び肥満、並びに小児の過体重の増加を食い止めることに合意した。

2. 概要

3. 成人に対して

4. 乳幼児及び小児に対して

5. 健康的な食事を維持するための実践的な助言

果実及び野菜/脂質/食塩、ナトリウム及びカリウム/糖類

6. どのようにして健康的な食事を推進するか

7. WHOの対応
地域 その他
国・地方 その他
情報源(公的機関) 世界保健機関(WHO)
情報源(報道) -
URL http://www.who.int/news-room/fact-sheets/detail/healthy-diet