食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04980730335
タイトル アイルランド農業・食料・海洋省(DAFM)、アイルランド産牛肉の中国市場参入に関して情報提供
資料日付 2018(平成30)年4月16日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  アイルランド農業・食料・海洋省(DAFM)は4月16日、アイルランド産牛肉の中国市場参入に関して情報提供を行った。概要は以下のとおり。
1.Michael Creed農業大臣の発表より抜粋
 同農業大臣は、中国がアイルランド産牛肉の市場参入を認めたと発表した。
 同大臣は「中国当局が今後数日間で作成するリストには、多数のアイルランドの牛肉生産施設が収載されるであろうと理解している」と述べた。
 更に、同大臣は、「中国による当該決定は、アイルランド産の水準の高さが中国当局に認められたことの強力な裏付けである。中国は、食品安全を貿易の大前提としている」と語った。
 DAFMは、今後数週間のうちに始まる貿易に向けて最終調整を完了する予定である。
2.アイルランド産牛肉の中国市場への参入に関する簡単な状況説明及びFAQより抜粋
2-1:背景
 近年、DAFMは、アイルランド産牛肉に関する市場参入権の獲得に向け、大きな成果を挙げている。中国当局は、牛海綿状脳症(BSE)を理由とする輸入規制を解除した(2015年)。また、中華人民共和国国家質量監督検験疫総局(AQSIQ)のアイルランドでの視察(アイルランドにおける輸出検査当局の組織などに関して)も成功を見た(2016年)。Creed農業大臣及びAQSIQのZhi Shuping(支?平)局長は、ダブリンで、アイルランド産牛肉の中国への輸出に関する協定書に署名した(2017年4月)。
2-2:FAQ
Q:中国が輸入に合意した製品は?製品範囲は拡大する可能性はあるのか?
A:現時点で中国が輸入を認めているのは、30か月齢以下の牛に由来する骨なし冷凍牛肉である。内臓は含まない。
 今後、貿易関係が深まるに従い、輸出が認められる製品の範囲が拡大する可能性がある。
Q:アイルランド産牛肉の最初の積荷が中国に向けて出港するのはいつと見込まれるか?
A:多くの部分で最終的な詰めが必要であるが、輸出許可が下りていることから、最終作業は数週間のうちに完了すると考えられる。
 更に、牛肉の輸出が許可された認可施設は、検査要件などの専門事項に関して対応する必要がある。
 しかし、DAFMの専門家は、貿易はこの夏に開始されるだろうと見込んでいる。
Q:アイルランド産牛肉の次なる参入市場は?
A:DAFMの職員は、可能な限り多くの国の市場参入権を獲得できるよう、引き続き作業を行う。
 その一環として、韓国とも牛肉市場への参入交渉を行っている。韓国との交渉は、ゆっくりではあるが着実に進捗している。
 「アイルランド産牛肉の中国市場への参入に関する簡単な状況説明及びFAQ」は以下のURLから入手可能。
https://www.agriculture.gov.ie/media/migration/press/pressreleases/2018/april/CHINABEEFACCESSBRIEFFAQ160418.doc
地域 欧州
国・地方 アイルランド
情報源(公的機関) アイルランド農業・食糧省
情報源(報道) アイルランド農業・食料・海洋省(DAFM)
URL https://www.agriculture.gov.ie/press/pressreleases/2018/april/title,116160,en.html