食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04970200149
タイトル 欧州食品安全機関(EFSA)、ネオニコチノイド系有効成分クロチアニジン、あるいはチアメトキサムを含有する植物保護製剤に対する欧州連合(EU)加盟国のエストニアの緊急認可の評価に係る技術報告書を公表
資料日付 2018(平成30)年6月21日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  欧州食品安全機関(EFSA)は6月21日、ネオニコチノイド系有効成分クロチアニジン(clothianidin)、あるいはチアメトキサム(thiamethoxam)を含有する植物保護製剤に対する欧州連合(EU)加盟国(MS)のエストニアの緊急認可の評価に係る技術報告書(2018年5月14日承認、14ページ、doi:10.2903/sp.efsa.2018.EN-1418)を公表した。概要は以下のとおり。
 EFSAは規則(EC)No.1107/2009第53条第2項に従って、欧州委員会(EC)から、委員会施行規則(EU) No.485/2013に従って春まき搾油用ナタネ及び春まきかぶ類(spring turnip rape)への使用が制限されているネオニコチノイド系有効成分クロチアニジン、あるいはチアメトキサムを含有する植物保護製剤に対してエストニア当局が2017年に与えた緊急認可を調査するよう要請された。特にEFSAは、これらの緊急認可及びその広い範囲が、その他の合理的な手段で抑止できない危険により必要であったかを評価するよう要請された。EFSAはこの枠組みの中で、EFSA農薬実施計画書(EFSA insecticide protocol)に則してエストニアにおけるクロチアニジン、あるいはチアメトキサムの緊急認可に関連する情報を収集し、評価した。この技術報告書はエストニアで検討された10件の作物と害虫の組合せの評価結果を要約している。
 その評価では、6件の作物と害虫の組合せについて、エストニアでは現在クロチアニジン、及びチアメトキサムの代替として作用機序(MoA)を提供する十分な有効成分は認可されてはいないものの、他の4件の作物と害虫の組合せでは、同じMoAを有する認可された有効成分が代替としてあると証明された。評価には殺虫剤以外の代替手段が含まれていた。栽培上の制御が大部分であるが、幅広い範囲の殺虫剤以外の手段が利用可能である。しかしながら、これらの手段は化学的手段ほど有効ではなく、技術的あるいは栽培上の制約がある。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州食品安全機関(EFSA)
情報源(報道) 欧州食品安全機関(EFSA)
URL https://www.efsa.europa.eu/en/supporting/pub/en-1418