食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04960430105
タイトル 米国食品医薬品庁(FDA)、カット済みメロン類に関連した複数州におけるサルモネラ・アデレード集団感染症に関する情報を公表
資料日付 2018(平成30)年6月9日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  米国食品医薬品庁(FDA)は6月9日、カット済みメロン類に関連した複数州におけるサルモネラ・アデレード(Salmonella Adelaide)集団感染症に関する情報を公表した。概要は以下のとおり。
1.FDA は、米国疾病管理予防センター(CDC)及び現地関係者と共に、カットメロン類との関連の可能性がある複数州におけるサルモネラ・アデレード集団感染症に関して調査を行っている。CDCは、カット済みメロン類の入ったフルーツサラダミックスが、この集団感染の原因である可能性が高いと報告している。
2.FDAは、リコールされた、インディアナ州インディアナポリスのCaito Foods社工場で製造され、生鮮カット済みスイカ、ハニーデューメロン、カンタロープ及び、これらメロン類のいずれかの入った生鮮カット済みフルーツメドレー製品(訳注:様々な果物をカット等して混ぜ合わせたもの)を喫食しないよう、消費者に勧告する。Caito Foods社は、当該工場で製造した製品を、ジョージア州、イリノイ州、インディアナ州、ケンタッキー州、ミシガン州、ミズーリ州、ノースカロライナ州及びオハイオ州で流通させている。
3.CDCは、中西部5州において60人が発病したと報告している。情報の得られた47人のうち、31人(66%)が入院した。60人の患者は、2018年4月30日から5月28日の間に発症している。
4.この調査は進行中であり、FDAは、製品情報、疫学的調査結果及びリコール等、更なる情報が入手され次第、最新情報を公表する。
5.リコールされたCaito Foods社の製品一覧は、本ページより入手可能。
地域 北米
国・地方 米国
情報源(公的機関) 米国/食品医薬品庁(FDA)
情報源(報道) 米国食品医薬品庁(FDA)
URL https://www.fda.gov/Food/RecallsOutbreaksEmergencies/Outbreaks/ucm610301.htm