食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04960330305
タイトル 欧州連合(EU)、動物用医薬品をより有効に活用し、薬剤耐性と闘うための新たなEU規則に関して公表
資料日付 2018(平成30)年6月13日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  欧州連合(EU)は6月13日、動物用医薬品をより有効に活用し、薬剤耐性と闘うための新たなEU規則に関して公表した。
 欧州連合(EU)の常任代表委員会(Coreper)で、動物用医薬品をより有効に活用し、動物用医薬品業界の競争力と革新性を高め、薬剤耐性への対策に貢献する規則の新たなシステムに合意した。
 新たな規則は、罹患していないが罹患のリスクがある動物への抗生物質の使用を制限し、動物における抗生物質の使用についてより詳細に規定する。
 予防として、疾患のリスクが非常に高く重要であると考えられる場合(例えば術後)、個々の動物に対して例外的に投与する。また、細菌への感染及び疾患のリスクが高く、他の適切な代替法が入手不可能な場合、動物集団への抗生物質を投与する。
 更に、一部の重要な抗生物質の有効性を維持する目的で、ヒトの一部の感染症治療を優先するためにそれらの抗生物質のための新しい規制が設けられる。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州連合(EU)
情報源(報道) 欧州委員会(EC)
URL http://www.consilium.europa.eu/en/press/press-releases/2018/06/13/veterinary-medicines-new-eu-rules-to-enhance-availability-and-fight-against-antimicrobial-resistance/