食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04940620105
タイトル 世界保健機関(WHO)、世界中の食料供給から工業的に生成(副生)されたトランス脂肪酸を排除する計画であることを公表
資料日付 2018年5月14日
分類1 その他
分類2 --未選択--
概要(記事)  世界保健機関(WHO)は5月14日、世界中の食料供給から工業的に生成(副生)されたトランス脂肪酸(industrially-produced trans-fatty acids)(※1)を排除する計画であることを公表した。概要は以下のとおり。
 WHOは本日、世界中の食料供給から工業的に生成されたトランス脂肪酸を排除するための段階的な指針であるREPLACE(リプレイス、置換)を発表した。
 トランス脂肪酸(trans fats)(※2)の排除は、健康を守り、命を救うための鍵である。WHOは、トランス脂肪酸摂取が原因の心血管疾患患者の死亡数は毎年50万人を超えると推定している。
 工業的に生成されたトランス脂肪酸は、マーガリンやギー(訳注:原文のとおり)等の硬化植物油脂に含まれており、スナック食品、焼成食品及び油で揚げた食品に多く含まれている。製造業者は、他の油脂よりも長期保存が可能なので、それらを使用することが多いが、食品の味や価格に影響を与えない、より健康的な代替品を使用することが可能である。
 WHO総裁のTedros Adhanom Ghebreyesus博士は次のように述べた。「WHOは、食品供給から工業的に生成されたトランス脂肪酸を排除するために、REPLACEアクション計画を活用するよう各国政府に要請している。」「REPLACE計画で6つの戦略的アクションを実行することは、トランス脂肪酸(※2)の排除を達成するのに役立ち、心血管疾患に対する世界的な戦いにおいて大きな勝利をもたらすであろう。」
 REPLACEは、食品供給から工業的に生成(副生)されたトランス脂肪酸の迅速、完全及び持続的な排除を確実にするための6つの戦略的アクションを規定している。
REview:工業的に生成されたトランス脂肪酸の供給食品及び必要な政策変更の見通しについて再検討する。
Promote:工業的に生成されたトランス脂肪酸をより健康的な油脂へ置き換えることを推進する。
Legislate:工業的に生成されたトランス脂肪酸を排除するための規制措置を法制化する。
Assess:食糧供給におけるトランス脂肪酸の含有量及び集団におけるトランス脂肪酸消費の変化を、評価及び監視する。
Create:政策決定者、生産者、供給者及び一般市民の間で、トランス脂肪酸の負の健康影響についての意識を高める。
Enforce:政策及び規制の遵守を強化する。
 いくつかの高所得国では、包装食品に含まれる可能性のある量を法的に制限することで、工業的に生成されたトランス脂肪酸を事実上排除している。一部の政府は、工業的に生成されたトランス脂肪酸の主な供給源である部分水素添加油脂(PHOs)について全国的な禁止を実施している。
デンマークは、工業的に生成されたトランス脂肪酸の規制を義務付けた最初の国であり、食品のトランス脂肪酸含量が劇的に減少し、心血管疾患による死亡は比較可能なOECD諸国よりも急速に低下した。
 「ニューヨーク市は、先行するデンマークに続いて、10年前に工業的に生成されたトランス脂肪酸を排除した。トランス脂肪酸は、死をもたらす不要な毒性化学物質であり、世界中の人々がばく露し続けなければならない理由はない」と、非政府組織Resolve to Save Lives(命を守るための決断)の代表Tom Frieden博士は述べた。
 トランス脂肪酸削減の利益を世界中で等しく感じられるように、工業的に生成されたトランス脂肪酸の使用の制御が十分でないことが多い中低所得の国々ではアクションが必要である。
 2019年から2023年までのWHOの活動の指針であるWHO戦略計画、第13次総合事業計画(GPW13)の優先目標の一つとして、世界中の食料供給からの工業的に生成されたトランス脂肪酸の排除が特定されている。GPW13は、2018年5月21~26日にジュネーブで開催される第71回世界保健総会の議題になっている。国際連合の持続可能な開発目標の一環として、世界的な共同体は、2030年までに非感染性疾患による早期死亡を3分の1に減らすことに責任を持っている。工業的に生成されたトランス脂肪酸の世界的な排除は、この目標を達成するのに役立つ可能性がある。
 WHOは、トランス脂肪酸の総摂取量をエネルギー総摂取量の1%未満(1日2,000kcalの食事で2.2g未満)に制限することを推奨している。トランス脂肪酸が多い食事は、心疾患リスクを21%、死亡を28%
増加させる。トランス脂肪酸(※2)を不飽和脂肪酸に置き換えることは、トランス脂肪酸の血中脂質への負の影響を改善することによって、心臓病のリスクをある程度、低下させる。更にトランス脂肪酸は炎症及び内皮機能不全を増加させる可能性があるという指摘がある。
 WHOは、2018年5月4日から6月1日まで、成人及び小児のトランス脂肪酸、飽和脂肪酸の摂取に関するガイドライン案の最新版を検討するために、オンライン公開協議を行っている。
 「REPLACE」についての詳細は、以下のURLから入手可能。
http://www.who.int/nutrition/topics/replace-transfat/
(訳注) 「trans fat」は「トランス脂肪酸含有脂質」と考えられるが、WHOではtrans fatとtrans fatty acidを同義としている(REPLACE trans fat FAQsより)ことから、翻訳においては「トランス脂肪酸」としている。
 REPLACE trans fat FAQsは以下のURLから入手可能。
http://www.who.int/docs/default-source/documents/replace-transfats/replace-trans-fat-faqs.pdf?Status=Temp&sfvrsn=956d171f_6
(※1)原文のとおり。ただし、ここでは天然由来のトランス脂肪酸以外のトランス脂肪酸(部分水素添加等により生成(副生)されたトランス脂肪酸)を指すものと考えられる。
(※2)原文のとおり。ただし、ここでは工業的に生成(副生)されたトランス脂肪酸を指すものと考えられる。
地域 その他
国・地方 その他
情報源(公的機関) 世界保健機関(WHO)
情報源(報道) -
URL http://www.who.int/news-room/detail/14-05-2018-who-plan-to-eliminate-industrially-produced-trans-fatty-acids-from-global-food-supply
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。