食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04930970492
タイトル 台湾衛生福利部、「食品中の汚染物質及び毒素衛生基準」を制定した旨公表
資料日付 2018年5月8日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  台湾衛生福利部は5月8日、「食品中の汚染物質及び毒素衛生基準」を制定した旨公表した。本基準は以下の6条からなる。
第1条:本基準の根拠法
第2条:本基準の用語の定義及び適用範囲
第3条:食品中の重金属の上限量に関する規定
 付表1. 1.総ヒ素及び無機ヒ素 2. 鉛 3. カドミウム 4. 水銀及びメチル水銀 5. スズ 6. 銅  7. アンチモン
第4条:食品中のかび毒の上限量に関する規定
 付表2. 1. 総アフラトキシン(アフラトキシンB1+B2+G1+G2) 2. アフラトキシンM1 3. アフラトキシンB1 4. オクラトキシンA 5. パツリン 6. シトリニン 7. フモニシンB1+B2 8. デオキシニバレノール(DON) 9. ゼアラレノン
第5条:食品中のその他汚染物質及び毒素の上限量に関する規定
 付表3. 1. 3-クロロプロパン-1,2-ジオール(3-MCPD) 2. ベンゾ[a]ピレン 3. 植物毒 3.1 シアン化水素酸 3.2 ゴシポール 3.3 アルカロイド配糖体(α-ソラニン及びα-チャコニンの総和) 3.4 エルカ酸 4. 海洋生物毒 4.1 麻痺性貝毒(PSP) 4.2 下痢性貝毒(DSP) 4.3 記憶喪失性貝毒(ASP) 4.4 アザスピロ酸(AZP) 4.5 神経性貝毒(NSP)-ブレベトキシン(BTX) 5. フェオホルビド 6. 揮発性塩基態窒素(VBN) 7. ヒスタミン
第6条:本基準の施行日
 本基準は2019年1月1日から施行する。
 本基準は2016年7月4日付け公告(部授食字第1051301274号)及び2017年11月22日付け公告(衛授食字第1061303113号)による2回にわたる基準案の公表、意見募集を経て正式に公布する。
 また、本基準の制定に伴い、同部は「一般食品衛生基準」等7つの衛生基準の改正案、及び「卵類衛生基準」等12の衛生基準の廃止案を公表し、いずれも60日間の意見募集を開始した。
1. 改正案が公表された7つの衛生基準
 「一般食品衛生基準」、「缶詰・瓶詰食品類衛生基準」、「氷類衛生基準」、「乳児用食品類の衛生及び残留農薬安全許容量基準」、「冷凍食品類衛生基準」、「包装済み飲用水及び給水スタンド用等飲用水衛生基準」、「飲料類衛生基準」
https://www.fda.gov.tw/TC/newsContent.aspx?cid=5072&id=24022
2. 廃止案が公表された12の衛生基準
 「卵類衛生基準」、「水産動物類衛生基準」、「食用油脂類衛生基準」、「食品中のかび毒上限量基準」、「藻類食品衛生基準」、「生鮮肉類衛生基準」、「食用米の重金属上限量基準」、「醤油類中の3-MCPD衛生基準」、「食塩衛生基準」、「牛・羊・豚及び家きんの内臓可食部の重金属上限量基準」、「食用きのこ類の重金属上限量基準」、「野菜・果物類の重金属上限量基準」
https://www.fda.gov.tw/TC/newsContent.aspx?cid=5072&id=24023
地域 アジア
国・地方 台湾
情報源(公的機関) 台湾衛生福利部
情報源(報道) 台湾衛生福利部食品薬物管理署
URL https://www.fda.gov.tw/TC/newsContent.aspx?cid=3&id=24021
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。