食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04930460470
タイトル 欧州疾病予防管理センター(ECDC)、リステリア症に関する2015年疫学報告書を公表
資料日付 2018年4月30日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  欧州疾病予防管理センター(ECDC)は4月30日、リステリア症に関する2015年疫学報告書を公表した(6ページ)。概要は以下のとおり。
1.2015年に欧州連合/欧州経済領域(EU/EEA)では、30か国からリステリア症確定患者全2,224人の報告があった。
2.EU/EEAでの届出率は人口10万対0.5症例であった。
3.1歳未満の乳児及び64歳超の高齢者での検出率が最も高かった(双方とも人口10万対1.6症例)。
4.2015年の届出率は2014年と比べて変化はなかった。2011年から2014年の間は常に増加していた。
5.2015年には、9か国で集団リステリア症が全14件報告され(Listeria monocytogenesによるものが11件、特定されていないリステリア属菌によるもの3件)、患者は230人発生した。強力な証拠のある集団感染5件のうちの3件は「混合食品(mixed foods)」の摂取によるもので、残りの2件は「ビュッフェ形式の食事」及び「豚肉及び由来製品」の摂取に関連していた。
 当該報告書は以下のURLから入手可能。
https://www.ecdc.europa.eu/sites/portal/files/documents/AER_for_2015-listeriosis.pdf
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州疾病予防管理センター(ECDC)
情報源(報道) 欧州疾病予防管理センター(ECDC)
URL https://www.ecdc.europa.eu/en/publications-data/listeriosis-annual-epidemiological-report-2015