食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04930380294
タイトル 世界保健機関(WHO)、南アフリカ共和国での集団リステリア症に関する情報を更新
資料日付 2018年5月2日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  世界保健機関(WHO)は5月2日、南アフリカ共和国での集団リステリア症に関する情報を更新した。概要は以下のとおり。
1.南アフリカにおいて、現在発生している集団リステリア症は深刻な食中毒であり、2017年初頭から南アフリカに影響を及ぼし、2018年3月上旬に原因食品が確認された後、減少傾向を示しているものの、更なる患者が見込まれる。2017年1月1日から2018年4月24日までの間、1,024人のリステリア症の検査確定症例が全ての州から南アフリカ国立感染症研究所(NICD)に報告されている。患者の大部分は主に3つの州からの報告である。Gauteng州から601人(59%)、Western Cape州から128人(13%)、KwaZulu-Natal州から73人(7%)、残りがその他の州からである。700症例の転帰が分かっており、内200人(28.6%)が死亡していた。この症例の死亡率は、世界中で記録された他の集団リステリア症と同等である。大部分の症例は、新生児、妊婦、高齢者及び免疫不全者など、重症となるリスクが高い人である。この集団感染症では、妊娠中或いは出産時に感染した新生児が患者の42%を占めている。
 患者由来の521分離株について、全ゲノムシークエンス解析(WGS)が行われた。分離株の85%は、リステリア・モノサイトゲネスのシークエンス型6(ST6)であり、残りの15% (83/521)は19種類の他のシークエンス型(ST1, ST54, ST876, ST2, ST5, ST204, ST219, ST224, ST71, ST101, ST121, ST155, ST3, ST403, ST515, ST7, ST8 及びST88)を示した。同じST6シークエンス型が、広範囲で摂取された「ボローニャソーセージ」と呼ばれる非加熱喫食用(RTE)食品の加工肉製品において同定された。関連する製品の製造業者の加工環境中にも同じ菌株が確認された。2018年3月4日、保健省は、この製品が集団感染の感染源であると考えられると発表し、関与する製品の全国的なリコールを開始した。リコール開始以降、症例数は大幅に減少した。
 食品加工会社と3つの小売業者はアフリカ地域の15か国(アンゴラ、ボツワナ、コンゴ民主共和国、ガーナ、レソト、マダガスカル、マラウイ、モーリシャス、モザンビーク、ナミビア、ナイジェリア、スワジランド、ウガンダ、ザンビア及びジンバブエ)に輸出している。これらの全ての国に、国際食品安全当局ネットワーク(INFOSAN)を通じて、関与している輸入品のロット情報が提供され、関連製品のリコールが実施された。
2.公衆衛生上の対応
 南部アフリカ開発共同体(SADC)地域、他の16か国からの代表者が参加し、WHOリステリア症地域技術会議が、2018年4月19~21日にヨハネスブルグで開催された。会合の目的は、南アフリカ由来の集団リステリア症の管理に関する経験を共有し、その地域においてリステリア症に対する意識を高めることであった。会合では、食品安全システムの全体的な強化の一環として、リステリア症へ対応及び制御を行うための緊急時対応計画の作成についても各国に指導した。
3.WHOのリスク評価
 本件は、世界的に見て、確認されている最大規模の集団リステリア症である。関与する原因食品が特定され、市場から取り除かれたため、症例数は減少しているが、リステリア症は長い潜伏期間(1~3週間、最大70日間)の可能性があるため、食品リコールの効果が見られるまでに更なる症例が予想される。
 最近、ナミビアはリステリア症の検査確定1症例を報告した。分離したリステリア株は、南アフリカでの集団感染との関連の可能性を確認するためにシークエンス解析が行われたが、違うシークエンス型に属するものであった。従って南アフリカでの集団感染との関連はない。
4.WHOの勧告
 WHOは現在、南アフリカ政府によって示されたように、関連する加工肉製品についてのリコールの継続及び安全な廃棄処分以外、この集団感染に関しての旅行及び貿易の制限を勧告していない。
 旅行者は、未加熱調理食品を避ける、数時間常温に保たれた食品を避ける、そして調理前、喫食前には石鹸と水で十分に手洗いをするなど、適切な食品衛生慣行を実践するよう勧告する。
 更なる情報は、以下のURLから入手可能。
 WHO 旅行者向け安全な食品についてのガイド
http://www.who.int/foodsafety/publications/travellers/en/
 WHO 食品をより安全にするための5つの鍵
http://www.who.int/foodsafety/publications/5keysmanual/en/
 本件についての疫学(南アフリカ国立感染症研究所のページ)
http://www.nicd.ac.za/
地域 その他
国・地方 その他
情報源(公的機関) 世界保健機関(WHO)
情報源(報道) 世界保健機関(WHO)
URL http://www.who.int/csr/don/02-may-2018-listeriosis-south-africa/en/
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。