食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04930330505
タイトル スイス連邦食品安全獣医局(BLV)、食品中のグリホサートは摂取者にリスクがないことを公表
資料日付 2018(平成30)年5月9日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  スイス連邦食品安全獣医局(BLV)5月9日、食品中のグリホサートは摂取者にリスクがないことを公表した。

 近年、欧州食品安全機関(EFSA)等の国際的な専門家機関がグリホサートには発がん性がないと見なしていた。2015年になって国際がん研究機関(IARC)は、グリホサートはヒトにおそらく発がん性があると結論付けた。しかし、潜在的な危険性は摂取量とは関係なく評価された。

 フードチェーンに含まれる残留農薬は農薬の使用に起因している。しかし、摂取者の健康のリスク評価に重要なのは残留農薬濃度である。グリホサートはスイス及び世界各国でも最も頻繁に使用されている農薬である。現在、グリホサートを含む70品がスイスで認可されている。連邦参事会は、摂取者の健康へのこの製品のリスクを明確にするために、スイスにおけるグリホサートの影響に関する報告書をBLVに依頼した。

 調査では、スイスで販売されている食品243検体を分析した。グリホサートの残留物が検出されると考えられる食品、即ち穀類及び豆類と主に分析した。

 60%の検体はグリホサートを含んでいなかった。含んでいた検体は非常に低濃度で残留基準値をはるかに下回った。従ってこれらの食品に健康リスクはない。1日1人当たり72kgのパスタ、655kgのパン、10kgのヒヨコ豆、1,600Lのワインを摂取した場合、これらの残留物が健康に影響を与える可能性がある。

 他国と異なりスイスは、収穫直前のグリホサートの使用を禁止している。予測されたようにスイスの食品はグリホサートに汚染されていたがごく僅かである。調査によってデュラム小麦のパスタ及びマメ類のような輸入穀物食品に高濃度に検出された。しかし、これらの食品も残留基準値を下回り、健康影響はなかった。

 報告書のURLは下記のとおり。

https://www.newsd.admin.ch/newsd/message/attachments/52320.pdf

 Food Additives & Contaminantsに掲載された論文「スイスで販売されている食品のモニタリング及びリスク評価」のURLは下記のとおり。

https://www.newsd.admin.ch/newsd/message/attachments/52323.pdf
地域 欧州
国・地方 スイス
情報源(公的機関) スイス連邦食品安全獣医局(BLV)
情報源(報道) スイス連邦食品安全獣医局(BLV)
URL https://www.blv.admin.ch/blv/fr/home/dokumentation/nsb-news-list.msg-id-70705.html