食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04920420184
タイトル ノルウェー自然研究所(NINA)、フィンランドのヘラジカで慢性消耗性疾患(CWD)が検出された旨、情報提供
資料日付 2018年3月8日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  ノルウェー自然研究所(NINA)は3月8日、シカ科動物に関するポータルサイト「Hjortevilt」で、フィンランドのヘラジカで慢性消耗性疾患(CWD)が検出された旨の情報提供を行った。概要は以下のとおり。
 フィンランド食品安全局(Evira)は、ロシア国境付近のKuhmoで、高齢(15歳)のヘラジカでCWDを確認した。当該CWDは、ノルウェーのNordfjellaで検出されたCWDとは類似していない。
 フィンランドでCWDが確認される以前は、欧州でCWDが確認された国はノルウェーのみであった。
 当該患獣は自然死状態で見つかった。分析が行われた結果、北米で確認されているCWDとは同一の型ではないことが示された。Nordfjellaで確認されているCWD(18例)は、北米のCWDと型が類似している。一方で、今回フィンランドのヘラジカで確認されたCWD変異体は、ノルウェーのヘラジカ(成獣)(3頭)及びシカ(1頭)で診断された別のCWD変異体に類似している。ノルウェー国立獣医学研究所(NVI)によれば、当該型は自然発生すると考えられ、また、散発性であると考えられる。
 フィンランドでは、CWDに関するモニタリングは2003年以降行われている。これまでに約2,500頭の検体について検査が行われており、CWD検査陽性検体はない。2018年以降、CWDモニタリングは、フィンランド及び他の欧州連合(EU)加盟国5か国において強化されている。Kuhmo及び同地域があるKainuu県でのモニタリングは更に強化される予定である。
地域 欧州
国・地方 ノルウェー
情報源(公的機関) その他
情報源(報道) ノルウェー自然研究所(NINA)
URL http://www.hjortevilt.no/skrantesjuke-pavist-pa-15-ar-gammel-elg-finland/
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。