食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04900410164
タイトル オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)、オランダにおけるドーピング及びスポーツ栄養補助食品の使用及び安全性に関する報告書を公表
資料日付 2018年3月14日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)は3月14日、オランダにおけるドーピング及びスポーツ栄養補助食品の使用及び安全性に関する報告書(オランダ語、54ページ)を公表した。
 オランダではドーピング及びスポーツ栄養補助食品を使用している人は多くない。2016年は15歳以上のオランダ人の0.5%が前年に運動パフォーマンスを増強する物質を使用したと報告し、65,000人に相当すると推定される。これは、大衆スポーツ(エリートスポーツ以外の全て)におけるドーピング及びスポーツ栄養補助食品の使用と安全性に関する約10,000人のRIVMの調査によって明らかになった。しかし、リスクがないことはなく、落ち着きのなさ、嘔吐、めまい、高血圧、より重篤な症状では不整脈のような様々な健康問題が報告されている。
 スポーツ栄養補助食品及びドーピングは、痩せるため又は筋肉質な身体を得るため又は運動パフォーマンスを向上させるために使用されている。スポーツ栄養補助食品には、トレーニング前製品(スポーツを開始する前に摂取しエネルギーとパフォーマンスを増強する。粉末である場合が多い)、カフェインサプリメント、スタッカー(体重を減少させるためのサプリメント)が挙げられる。ドーピングにはタンパク同化ステロイド又はアンフェタミンが挙げられる。
 健康問題は神経系を刺激するサプリメントの物質が原因となる場合が多い。健康問題の原因となる物質は必ずしも表示されていない。従って、消費者は製品にこれらの物質が含まれていることを知らない。これは、2017年の食品・消費者製品安全局(NVWA)による調査結果である。従って、消費者にスポーツ栄養補助食品のリスクについて情報を提供することが重要である。
 本調査は国立毒物情報センター(NVIC)からの報告を使用した。NVICはスポーツ栄養補助食品(主にカフェインを含むサプリメント)及びドーピング(主にタンパク同化ステロイド)の使用による2016年の健康問題に関する170件の報告を受け取った。これらの多数のサプリメントの成分組成に関する調査が実施され、RIVMの分析で、これらのサプリメントはカフェイン及び/又はアンフェタミン様物質を含んでいることが確認された。
地域 欧州
国・地方 オランダ
情報源(公的機関) オランダ/公衆衛生・環境保護研究所(RIVM)
情報源(報道) オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)
URL https://www.rivm.nl/dsresource?objectid=680d635b-b995-4c96-aa30-9745729b6357&type=pdf&disposition=inline