食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04890590208
タイトル オーストラリア・ニュージーランド食品基準機関(FSANZ)、食品基準通知(38-18)を公表
資料日付 2018(平成30)年3月1日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  オーストラリア・ニュージーランド食品基準機関(FSANZ)は2月15日、食品基準通知(38-18)を公表した。概要は以下のとおり。
1.新規申請及び提案
・A1158-食品添加物としてのローズマリー抽出物:食品添加物(抗酸化剤)として、ローズマリー抽出物の使用を許可する。
 詳細は以下のURLから入手可能。
http://www.foodstandards.gov.au/code/applications/Documents/Rosemary%20Extract%20Executive%20Summary.pdf
・A1159-加工助剤としての糸状菌Tricoderma reesai由来トリアシルグリセロール・リパーゼ(酵素):Aspergillus tubingensisのトリアシルグリセロール・リパーゼを高発現するように遺伝子組換え(GM)されたTrichoderma reesei株由来の酵素トリアシルグリセロール・リパーゼを、ベーカリー製品及び穀類ベース飲料(ビール等)の加工助剤として使用することを許可する。
 詳細は以下のURLから入手可能。
http://www.foodstandards.gov.au/code/applications/Documents/A1159%20Executive%20Summary.pdf
・A1160-加工助剤としてのTricoderma reesai由来アスペルギロペプシン 1(Aspergillopepsin 1) (酵素):自株のプロテアーゼ、アスペルギロペプシン 1を高発現するように遺伝子組換えされたTrichoderma reesai株由来の酵素アスペルギロペプシン 1を、飲用アルコール製品及びたん白質加工の加工助剤として使用することを許可する。
 詳細は以下のURLから入手可能。
http://www.foodstandards.gov.au/code/applications/Documents/A1160%20Executive%20Summary.pdf
2.意見募集
 FSANZは2018年3月29日まで、以下の申請に関する意見を受け付ける。
・A1153-加工助剤としてのTricoderma reesai由来エンド・キシラナーゼ: Thermopolyspora flexuosaのエンド・キシラナーゼ遺伝子を発現するように遺伝子組換えされたTricoderma reesai株由来のエンド・キシラナーゼを加工助剤として追加するために食品基準コードの一覧表18を改定する。
 詳細は以下のURLから入手可能。
http://www.foodstandards.gov.au/code/applications/Documents/A1153%20Call%20for%20submissions.pdf
3. その他
地域 大洋州
国・地方 豪州
情報源(公的機関) 豪州・NZ食品安全庁(FSANZ)
情報源(報道) 豪州・NZ食品基準機関(FSANZ)
URL http://www.foodstandards.gov.au/code/changes/circulars/Pages/NotificationCircular38?18.aspx