食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04890230294
タイトル 世界保健機関(WHO)、WHOのソーシャルネット(SocialNet)が参加した南アフリカ共和国でのリステリア集団感染から国民を守る活動(GOARNミッション)に関する情報を公表
資料日付 2018年2月27日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  世界保健機関(WHO)は2月27日、WHOのソーシャルネット(SocialNet)が「世界アウトブレイク警告及び対応ネットワーク」(GOARN) 派遣団に参加し、リステリア集団感染から国民を守る南アフリカ共和国保健省の支援を行っている旨、並びにPuleng Letsie氏とのインタビュー記事を公表した。概要は以下のとおり。
 ソーシャルネット(※1)のメンバーでレソト王国出身のPuleng Letsie氏は、食品媒介感染症であるリステリア症の世界過去最大規模の集団発生と格闘している最中である南アフリカの保健当局を支援するためにWHOが送った高水準のGOARN集団感染症派遣団の一員である。Puleng氏は、食品安全の専門家Deon Mahoney氏(豪州)及び集団感染症調査の専門家Mathieu Tourdjman氏(フランス)と共に、2018年1月29日~2月3日に南アのプレトリアに派遣された。
 以下は、Puleng氏とのインタビュー(抜粋)
・これはどの程度深刻な集団感染か?
 リステリア症は一部の人々に重症疾患を引き起こす可能性がある。妊婦と新生児は極めて重要なリスク集団であり、特にこの集団感染では大打撃を受けている。他の脆弱な集団としては、高齢者及び免疫機能が低下している人々、例えばHIV感染者がいる。2018年2月20日現在、南アは、重度のリステリア症患者が1,000人近く、またこの集団感染に関連して172人が死亡したと記録されている。(※2)
・なぜWHOは南アにGOARN派遣団を送ったのか?
 南アの保健当局者と保健大臣はリステリア症の集団発生を非常に懸念している。彼らはWHOに、リステリア症から国民を守るための取組と共に、本集団感染の原因を見つけるための取組を支援及び検討する専門家のチームを送るように要請した。
・なぜ南ア政府はチームにリスクコミュニケーションの専門家を求めていたのか?
 リスクコミュニケーションは、我々が現在、この集団感染から国民を守る上で主要な手段であるためである。集団感染は数か月続いているが、原因食品がまだ分からない。しかし、我々は、リステリア属菌が増殖する可能性が最も高い、一般的な食品の種類が分かっている。例えば、軟質チーズ、冷製肉製品、非加熱喫食用(RTE)食品である惣菜店の食品等である。従って、リステリア症が重症化するリスクが高い人々は、これらの食品を避ける必要があることを認識しておくことが重要である。南アの当局は、妊婦、HIV感染者、高齢者等のリスク集団と情報交換し、関与する方法を見つける必要がある。
・派遣終了時のあなたの主な提言や結論は何だったか?
 GOARNチームは、州及び地方自治体における資料の印刷や配布を含むリスクコミュニケーション活動を実施するために、より多くの投資が必要であると提言した。長期の戦略的かつ指導的な文書やプロトコルを開発するための支援が必要である。また、調整を強化し、中央政府と州との間の緊急時のリスクコミュニケーション手順を標準化するための支援と投資が必要である。
※1(訳注)
 WHOのソーシャルネット(SocialNet)は、疾病の流行・大流行(エピデミック・パンデミック)及びその他の健康上の緊急時に活動するために設立された、必要な資格と業務経験を持つ社会科学者のネットワーク。
※2 (訳注)
 南アフリカ国立感染症研究所(National Institute for Communicable Diseases、NICD)が公表した南アにおける2018年2月27日現在のリステリア症集団感染の状況は以下のとおり。
 2017年1月1日以降、南アの全州からNICD にリステリア症検査確定945症例の報告があった。これまでのところ、2017年に743症例、2018年に202症例が報告されている。患者176人(19%)の死亡が確認されている。
 調査は進行中であるが、現時点では本集団感染の原因は不明である。
 本件に関する更新情報は、NICD「Alerts」サイトの以下のURLから入手可能。
http://www.nicd.ac.za/index.php/category/alerts/
地域 その他
国・地方 その他
情報源(公的機関) 世界保健機関(WHO)
情報源(報道) 世界保健機関(WHO)
URL http://www.who.int/risk-communication/listeriosis-outbreak-response/en/
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。