食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04790410150
タイトル 欧州化学品庁(ECHA)、調和された分類及び表示に関する10件の意見書について確定した旨等を公表
資料日付 2017年9月27日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  欧州化学品庁(ECHA)は9月27日、調和された分類及び表示(Harmonised classification and labelling、CLH)に関する10件の意見書について確定した旨等を公表した。概要は以下のとおり。
 リスクアセスメント委員会(RAC)は、CLHに関する、金属コバルト、二酸化チタン及びメタアルデヒドを含む10の意見書について確定をした。またRAC及び社会・経済評価委員会(SEAC)は、2件の承認申請に対する4件の意見書案に合意し、1件の最終意見書を採択した。
 9月27日、RAC及びSEACは、承認手続きにおいて、六価クロム化合物類及び1,2-ジクロロエタン(EDC)の特定の使用についての4件の意見書案に合意した。意見書案は最終採択前に、コメントを求めて申請者に送付される。
 RACはまた、閉じた水-アンモニア吸収冷却システムにおいて、in situ(その場)の腐食防止剤として、二クロム酸ナトリウムを使用することについての意見書を採択することにより、承認申請1件ついての作業を終了した。
 RACは、ECHAが作成したニッケル及び化合物、ベンゼン及びアクリロニトリルについての職業ばく露限界値(OEL)に関する3件の調査書の評価も開始した。
 この作業は、発がん性物質或いは変異原性物質への職業ばく露のリスクから労働者を保護する目的の指令2004/37/ECの第4回修正の下での、OEL取りまとめを支援するために委員会により要求された。
 この作業は、11月~12月開催の会議RAC43まで継続し、2018年3月26日の委員会で報告される予定である。
 採択した10件のCLHに関する意見書についての詳細情報は添付文書として、以下のURLから入手可能である。
https://www.echa.europa.eu/documents/10162/23012100/na_annex_rac42.pdf/68034cc4-ee6f-913d-ba65-714d04226798
 意見書は近日中にRAC及びSEACのウェブページにて入手可能となる予定である。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) その他
情報源(報道) 欧州化学品庁
URL https://www.echa.europa.eu/-/rac-concludes-on-10-opinions-for-harmonised-classification-and-labelli-1