食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04680300477
タイトル カナダ公衆衛生庁(PHAC)、小麦粉が原因とみられる腸管出血性大腸菌O121による集団感染に関する調査の最新情報を公表
資料日付 2017年3月29日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  カナダ公衆衛生庁(PHAC)は3月29日、小麦粉が原因とみられる腸管出血性大腸菌O121による集団感染に関する調査の最新情報を公表した。概要は以下のとおり。
 PHACは、連邦政府及び州の保健当局と協働で、腸管出血性大腸菌O121による集団感染に関して調査を行っている。当該集団感染はRobin Hood All Purpose Flour, Originalと関連性があることが判明した。当該製品は、ブリティッシュ・コロンビア(BC)州、アルバータ州、サスカチュワン州及びマニトバ州で流通しており、カナダ食品検査庁(CFIA)によるリコールが公表されている。当該集団感染に関する調査は継続中であり、関連性のある更なる製品が特定される可能性がある。
 PHACはカナダ国民に対し、リコールロットに該当する問題の製品は大腸菌による汚染の可能性があることから、使用及び摂取を避けるよう助言している。
 この集団感染は、生の小麦粉は大腸菌などの有害な細菌に汚染されている可能性があることから、使用する小麦粉の種類に拘わらず生のパン生地(dough)又はバッター(訳注:穀物粉、卵、乳などからなる料理用の液体或いは半液体の混合物)を味見する又は摂取することは安全ではないというこの注意喚起となった。
 3月28日時点で、遺伝子フィンガープリントが一致した患者が4州で25人報告されている(前回3月13日と比べ1人増)。州別内訳は、BC州12人(同変わらず)、サスカチュワン州4人(同変わらず)、アルバータ州4人(同1人増)及びニューファンドランド・ラブラドール州5人(同変わらず)である。患者は、2016年11月~2017年2月に発病した。6人が入院し(同変わらず)、いずれも回復又は回復途上にある。死亡は報告されていない。患者の大半(54%)が男性で、平均年齢は24歳であった。
 食品安全検査では、同ブランドの小麦粉検体(複数)は腸管出血性大腸菌O121検査で確かに陽性であった。複数の患者は、同ブランドの小麦粉に接触していた。
地域 北米
国・地方 カナダ
情報源(公的機関) カナダ公衆衛生庁(PHAC)
情報源(報道) カナダ公衆衛生庁(PHAC)
URL http://www.phac-aspc.gc.ca/phn-asp/2017/outbreak-ecoli-eng.php