食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04680050149
タイトル 欧州食品安全機関(EFSA)、食品添加物としてのグリセロール(E 422)の再評価に関する科学的意見書を公表 (1/3)
資料日付 2017年3月15日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  欧州食品安全機関(EFSA)は3月15日、食品添加物としてのグリセロール(glycerol)(別名:グリセリン(glycerine))(E 422)の再評価に関する科学的意見書(2017年1月25日採択、64ページ、doi: 10.2903/j.efsa.2017.4720)を公表した。概要は以下のとおり。
1. 抄録
 「食品添加物及び食品に添加される栄養源に関する科学パネル」(ANSパネル)は、食品添加物として使用されるグリセロール(E 422)の安全性を再評価する科学的意見を提示する。
 食品科学委員会(SCF)は1981年、「ヒトに対する許容一日摂取量(ADI)を特定しない」とする国際連合食糧農業機関(FAO)/世界保健機関(WHO)合同食品添加物専門家会議(JECFA)の1976年における結論を是認した。
 ANSパネルは、(1)グリセロールは低い急性毒性を有する、(2)複数の強制経口投与試験において報告されている消化管内におけるグリセロールの局所刺激影響は、グリセロールの吸湿作用及び浸透作用による可能性が高い、と結論づけた。グリセロールは、遺伝毒性に関する懸念を引き起こさず、また、発がん性に関する懸念もなかった。生殖毒性試験及び出生前の発生毒性試験は、生殖毒性について結論を出すには限られていたが、用量に関連した有害影響は報告されなかった。利用可能な動物試験において、グリセロールの有害影響は確認されなかった。ANSパネルは、(1)治療効果に必要なグリセロールの最小経口用量は125mg/kg体重/時であると保守的に(訳注:より安全側に立って)推定し、(2)乳児及び幼児が、1缶(330mL)未満の容量の着香飲料を飲むことにより、この最小経口用量にばく露し得ることに留意した。
 ANSパネルは、(1)グリセロール(E 422)について数値のADIを設定する必要はない、(2)報告されている用途について精度を高めたばく露量評価において食品添加物としてのグリセロール(E 422)の安全性に懸念はない、と結論づけた。また、ANSパネルは、遺伝毒性及び発がん性を有する残留物をばく露マージンが10,000未満となる濃度で含有するグリセロールの製造工程においては、食品添加物の生産を許可しないことが望ましい、と結論づけた。ANSパネルは、E 422の欧州連合(EU)での成分規格の変更(訳注:グリシドール(glycidol)等の遺伝毒性を有する不純物類の限度値の設定等)を勧告した。また、ANSパネルは、(訳注:E 422の十分なばく露量評価のため)用途及び使用濃度に関する更なる情報及び更なる分析データを同パネルにとって利用可能にするよう勧告した。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州食品安全機関(EFSA)
情報源(報道) 欧州食品安全機関(EFSA)
URL http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.2903/j.efsa.2017.4720/pdf