食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04340680149
タイトル 欧州食品安全機関(EFSA)、スポーツ選手向け食品に関する科学的及び技術的支援について技術的報告書を公表 (1/2)
資料日付 2015(平成27)年9月29日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  欧州食品安全機関(EFSA)は9月29日、スポーツ選手向け食品に関する科学的及び技術的支援について技術的報告書(2015年9月24日承認、32ページ)を公表した。概要は以下のとおり。
1. 抄録
 欧州委員会(EC)は、 (1)成人対象の栄養、強調表示及び食事摂取基準の領域におけるスポーツ選手に関連する既存の科学的助言をまとめ、(2)そのような科学的助言が、特にスポーツ選手の激しい筋肉運動による栄養消費を満たすことを意図した食品の組成及び規格基準に関する食品科学委員会(SCF)による2001年の報告書の様々な結論や規格基準にどの程度関連しているかをECに知らせるよう、EFSAに依頼した。
 SCFが提示した科学的助言とその後のEFSAによる科学的助言は、以下の点について異なってはいない。即ち、a)特に激しい運動後の正常な筋肉機能の回復に関して、身体能力に関連した炭水化物摂取の重要な役割及び炭水化物の代謝におけるビタミンB1の役割、b)持久運動中の身体能力の維持における水分補給及び炭水化物補給の役割、並びに運動中の十分な水分補給の維持及び運動後の水分再補給における電解質(特にナトリウム)の役割、c)筋肉量の成長及び維持におけるたん白質の重要な役割、並びにたん白質の代謝におけるビタミンB6の役割、d)運動能力又は運動選手に特有の健康リスクに影響を与える可能性がある微量栄養素及び長鎖多価不飽和脂肪酸類の身体機能に対する重要な役割、e)持久運動におけるカフェインの持久力を高める性質、f)短時間の激しい運動を繰り返す競技(即ち、特に反復性の瞬発的かつエネルギー消費量の多い活動が求められるスポーツ)中の身体能力に対するクレアチンの持久力を高める効果である。
 また、EFSAは、SCFが始めたビタミン類及びミネラル類についての耐容上限摂取量の設定作業を完了し、また、激しい運動の前に摂取した場合も含めてカフェインの安全性に関する助言を提供した。
地域 欧州
国・地方 EU
情報源(公的機関) 欧州食品安全機関(EFSA)
情報源(報道) 欧州食品安全機関(EFSA)
URL http://www.efsa.europa.eu/sites/default/files/scientific_output/files/main_documents/871e.pdf