食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04340390343
タイトル フランス衛生監視研究所(InVS)、2012年のフランスにおける多剤耐性菌感染による罹患率と死亡率に関する報告書を発表
資料日付 2015(平成27)年9月24日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  フランス衛生監視研究所(InVS)は9月24日、2012年のフランスにおける多剤耐性菌感染による罹患率と死亡率に関する報告書を発表した。

 薬剤耐性は公衆衛生の重要な課題である。この調査はフランスにおける多剤耐性菌(MDRB)への感染の公衆衛生への影響を評価することを目的としている。

 調査対象とされたMDRBはメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、バンコマイシン耐性腸球菌(VRE)、第3世代セファロスポリン耐性大腸菌及び肺炎桿菌、カルバペネム耐性肺炎桿菌、アシネトバクター属及び緑膿菌である。

 2012年フランスでは158,000人(127,000~245,000)がMDRBへ感染し、そのうち16,000人は侵襲性感染であった。MRSAと第3世代セファロスポリン耐性腸内細菌科細菌への感染は103,000人(90,000~172,000)、すなわち全体の65%(70~75)であった。これらの感染による死亡者数は12,500人(11,500~17,500)でそのうち2,700人は侵襲性感染によるものであった。

 この調査によってフランスにおけるMDRBへの感染の影響を初めて評価した。MRSAと第3世代セファロスポリン耐性腸内細菌科細菌への感染が最も多かった。この調査は薬剤耐性の実際の影響を低く評価しており、今後もこの課題に更に取り組むべきであることが明らかになった。
地域 欧州
国・地方 フランス
情報源(公的機関) フランス衛生監視研究所(InVS)
情報源(報道) フランス衛生監視研究所(InVS)
URL http://www.invs.sante.fr/Publications-et-outils/Rapports-et-syntheses/Maladies-infectieuses/2015/Morbidite-et-mortalite-des-infections-a-bacteries-multi-resistantes-aux-antibiotiques-en-France-en-2012