食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04150010164
タイトル オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)、オランダにおける食品からのダイオキシンによる暴露に関する2014年の報告書を発表
資料日付 2014年10月31日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)は10月31日、オランダにおける食品からのダイオキシンによる暴露に関する報告書を発表した。
1. 2014年に算出した摂取量
基準値を超えなかったので、オランダにおける食品からのダイオキシンによる暴露はもはや公衆衛生のリスクではない。主な曝露源は引き続き牛乳、肉(特に牛肉)、植物油、脂肪である。
 暴露量の減少は、この数十年の食事中のダイオキシン濃度が減少したことによる。食品中のダイオキシン濃度はこれ以上下がることはない限界に達していると考えられる。食事パターンの変化も暴露量の減少に寄与している。ダイオキシンは食品の脂肪成分に含まれているが、摂取者は脂肪含量の少ない食品をだんだんと選択するようになっている。しかし、摂取量が許容できるレベルであるか確認し、偶発的な高レベルのダイオキシンの食品への混入を検出するために、食品中のダイオキシンレベルの検査を継続することは重要である。
 実際の摂取量は本報告書の摂取量より低い可能性がある。植物油と脂肪について、10年前の濃度データが評価に使用された。動物由来食品中のダイオキシン濃度が減少し、トータルのダイオキシン暴露に関わる植物油と脂肪の割合が増えたことから、最近のデータから算出すると、さらに推定暴露量は低くなるだろう。また調理中にダイオキシン濃度が減少すると示されている。
2.オランダにおける食品からのダイオキシンによる暴露算出方法
 オランダ全国食品摂取量調査(DNFCS)の食品摂取データと入手可能な最も新しい食品中ダイオキシン濃度データを用いた。計算された摂取量はダイオキシンの健康基準値と比較された。この基準値は人々が健康被害を受けないで生涯を過ごす間に平均的に暴露される物質の量を基本にしている。
 食品摂取データはDNFCSから、2~6歳については2005~2006年のデータ、7~69歳については2007~2010年のデータを用いた。
 ダイオキシンによる暴露量は年齢とともに減少している。中央値は2歳について1.0 pgTEQ/kg体重/日、7~69歳については0.5 pgTEQ/kg体重/日であった。99パーセンタイルは各々、2.0、1.3 pgTEQ/kg体重/日である。
3.過去の暴露量報告との比較
 2014年の報告書による暴露量の結果を、2009年に発表された2~6歳のデータ、2008年に発表された1~97歳のデータと比較した。99パーセンタイルを見ると、今回の暴露量は過去に報告された暴露量に比べ減少していた。2~6歳の値(2009年報告)は今回の値の1.5倍である。1~97歳の値(2008年報告)は今回の7~69歳の値の2倍である。(訳注:報告書中の参考文献(Regulatory Toxicology and Pharmacology Vol.51,pp.278~287,2008)に基づいて、中央値で今回の暴露量を2008年のデータ比べると、2008年が0.9pgTEQ/kg体重/日であるのに対して今回が0.5pgTEQ/kg体重/日なので、2008年は今回の1.8倍である。)
報告書(42ページ、英語)は以下のURLから入手可能。 
http://www.rivm.nl/dsresource?objectid=rivmp:264042&type=org&disposition=inline&ns_nc=1
注:TEQ(toxoc equivalent) 毒性の強さを加味したダイオキシン量の単位
地域 欧州
国・地方 オランダ
情報源(公的機関) オランダ/公衆衛生・環境保護研究所(RIVM)
情報源(報道) オランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM)
URL http://www.rivm.nl/en/Documents_and_publications/Scientific/Reports/2014/oktober/Dietary_exposure_to_dioxins_in_the_Netherlands
(※注)食品安全関係情報データベースに関する注意事項
本データベースには、食品安全委員会が収集した食品安全に関する国際機関、国内外の政府機関等の情報を掲載しています。
掲載情報は、国際機関、国内外の政府機関等のホームページ上に公表された情報から収集したものですが、関係する全ての機関の情報を確認しているものではありません。また、情報内容について食品安全委員会が確認若しくは推薦しているものではありません。
掲載情報のタイトル及び概要(記事)は、食品安全委員会が和訳・要約したものであり、その和訳・要約内容について情報公開機関に対する確認は行っておりませんので、その文責は食品安全委員会にあります。
情報公表機関からの公表文書については、個別項目の欄に記載されているURLからご確認下さい。ただし、記載されているURLは情報収集時のものであり、その後変更されている可能性がありますので、ご了承下さい。