食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu04091460484
タイトル ニュージーランド第一次産業省(MPI)は、マヌカハニー業界向けの暫定的な表示指針を公表
資料日付 2014(平成26)年8月1日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  ニュージーランド第一次産業省(MPI)は7月31日、マヌカハニー業界向けの暫定的な表示の指針を公表した。概要は以下のとおり。
 MPIは、どのような強調表示を作ることができ、マヌカハニーの成分は何かを明確にするためにマヌカハニー業界向けに暫定的な表示の指針を公表した。以下はMPI規制・保証局次長の発言である。
 「異なる表現や強調表示のあるマヌカハニーを製造する会社はたくさんある。 MPIは、マヌカハニー製品が正確に表示され、消費者に誤解を与えないことを保証するために作業をしている。消費者がプレミアム料金を払って購入しているマヌカハニーについて知ることは重要である。この指針はそのための助けとなるであろう。ガイドを作成するために、MPIは業界と密接に協力し、はちみつ事業者が提供したデータを分析した。MPIは研究を委託し、追加の国内外の研究を活用し、これらの情報を当該指針の基にした。この暫定指針は、治療と健康強調表示の周りの問題を明確にすることを含め、はちみつの表示及び広告に関して何が期待されているかを明確にしている。この指針はまた、マヌカハニーの特性の定義に向けての第一歩を踏みだすことでもある。MPIは事業のために何が必要であるかを明らかにし、MPIは製品が正しく表示されることと、あらゆる治療及び健康強調表示が消費されるはちみつ(製品)から削除されることを期待している。MPIは、MPIが本日提供したガイダンスを業界が理解し、業界がMPIの期待通りになることを確認するために業界と一緒に作業している。しかし、最終的に、業界が準拠していない場合には我々は強制措置を検討する。
 マヌカ花の蜜を優占的に集めたはちみつである、単花マヌカハニーを特徴づけるための優れた頑健な検証された科学的データの欠如があるため、指針の作成は困難である。
  指針を作成するために、MPIは更なる研究資金を提供しており、初期の結果は有望に見える。さらに、MPIはまた共同研究において業界と協力して検討している。この研究が検証された場合は、MPIは2015年7月末に検討することを目的に修正したガイドに組み込む予定である。」
 現在の試験では、はちみつ中のカヌカとマヌカの性質の区別ができない。しかし、MPIの研究の一端としてその違いを検出できる新しい科学技術を検討している。これらのいくつかの方法は花粉の識別、DNAプロファイリング及び化学的指紋法である。
 この指針の目的はニュージーランドが表示通りの品質の良い製品を生産しており、国内外の市場の期待に応えることを保証することである。
 マヌカハニーの暫定的表示の指針は以下のURLから入手可能。
http://www.mpi.govt.nz/Portals/0/Documents/food/manuka-honey/interim-labelling-guide-manuka-honey.pdf
 マヌカハニーに関しては以下のURLから入手可能。
http://www.mpi.govt.nz/food/food-safety/manuka-honey
地域 大洋州
国・地方 ニュージーランド
情報源(公的機関) ニュージーランド第一次産業省(MPI)
情報源(報道) ニュージーランド第一次産業省(MPI)
URL http://www.mpi.govt.nz/news-resources/news/manuka-honey-guide-released