食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu03980900493
タイトル 台湾衛生福利部食品薬物管理署、電子メディア広告の監視統計分析結果を公表
資料日付 2014年2月6日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  台湾衛生福利部食品薬物管理署は2月6日、電子メディア広告の監視統計分析結果を公表し、引き続きモニタリングを行い、違法広告を排除するとした。
 同署は2013年「医薬品、化粧品、食品の違法広告モニタリング及び統計分析」計画により、電子メディア(テレビ、ラジオ、インターネット)上の広告9,462件をモニタリングした。モニタリング時間は2,322時間で、計1,150件の違反広告を摘発した。そのうち、食品類が720件(62.61%)と最も多く、次いで化粧品類の279件(24.26%)、医薬品類の151件(13.13%)となっていた。製品別では「船井burner超繊錠」(食品、痩身減量を標ぼう)が14件と最も多く、「三勝精宝」(食品、脂肪肝を改善を標ぼう)、「揚山通血止風丸」(漢方薬、心血管疾患を予防を標ぼう)が各9件と続いた。媒体別ではインターネットが633件(50.04%)と最も多く、次いでラジオ321件(27.91%)、テレビ196件(17.04%)だった。
 同署が分析した電子メディア広告の監視統計資料によると、違反広告がを標ぼうする効能の上位3位は「美肌美容」(22.52%)、「血液循環」(19.57%)、「骨格筋肉」(10.87%)だった。これらの違反広告は既に所轄の衛生局により調査・処理されている。
地域 アジア
国・地方 台湾
情報源(公的機関) 台湾衛生福利部食品薬物管理署
情報源(報道) 台湾衛生福利部
URL http://www.mohw.gov.tw/CHT/Ministry/DM2_P.aspx?f_list_no=7&fod_list_no=4553&doc_no=43458