食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu03651060482
タイトル 香港食物環境衛生署食物安全センター、「乳幼児用調製粉乳中のヨウ素」の専用ページを開設
資料日付 2012(平成24)年8月10日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  香港食物環境衛生署食物安全センターは8月10日、「乳幼児用調製粉乳中のヨウ素」の専用ページを開設した。概要は以下のとおり。
 同センターは2か年の計画で、市販の育児用ミルク及びフォローアップミルクの栄養素含有量の検査を進めている。2012年から2013年までに48種類の乳児用調製粉乳を市場から採取して検査する計画である。
 最初の調査では、14検体のうち6検体のヨウ素含有量がコーデックス規格より低かった。世界保健機関(WHO)の推奨摂取量を参考にすると、乳児が当該製品だけを飲用している場合、6検体中2検体はヨウ素欠乏の健康リスクとなる可能性がある。
1. FAQ
(1)市販の乳児用調製粉乳への関心(Q1.1~Q1.3)
(2)乳児とヨウ素(Q2.1~Q2.8)
(3)乳児用調製粉乳のヨウ素含有量に対する要件(Q3.1~Q3.9)
(4)乳児用調製粉乳中のヨウ素含有量とコーデックス規格との比較(Q4.1~Q4.6)
(5)乳児用調製粉乳中のヨウ素含有量とWHOが推奨する乳児の一日当たりのヨウ素摂取量との比較(Q5.1~Q5.3)
2. 医療関係者向け資料
3. 検査結果
(1)19検体の検査結果(8月16日付け)
http://www.cfs.gov.hk/english/consumer_zone/file/Tested_Iodine_Content_in_19_Samples_of_Infant_Formulae.pdf
 ヨウ素含有量がコーデックス規格より低かったのは、韓国産の粉ミルク2検体。ただし、リスク評価の結果によると、健康リスクにはならない。
(2)21検体の検査結果(8月10日付け)
http://www.cfs.gov.hk/english/consumer_zone/file/Test_Result_PR_Table_5b.pdf
 ヨウ素含有量がコーデックス規格より低かったのは、日本産の粉ミルク8検体を含む計9検体。リスク評価の結果によると、日本産の粉ミルク8検体は健康リスクとなる可能性がある。
(3)14検体の検査結果(8月8日付け)
http://www.cfs.gov.hk/sc_chi/consumer_zone/file/Test_Result_on_Nutritional_Composition_of_14_IF_c.pdf
 ヨウ素含有量がコーデックス規格より低かったのは、日本産の粉ミルク4検体を含む計6検体。リスク評価の結果によると、日本産の粉ミルク2検体は健康リスクとなる可能性がある。
4. プレスリリース
5.関連のホームページ
 英語版は以下のURLから入手可能。
http://www.cfs.gov.hk/english/consumer_zone/foodsafety_Iodine_in_infant_formula.html
地域 アジア
国・地方 香港
情報源(公的機関) 香港食物環境衛生署食物安全センター
情報源(報道) 香港食物環境衛生署食物安全センター
URL http://www.cfs.gov.hk/sc_chi/consumer_zone/foodsafety_Iodine_in_infant_formula.html