食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu03261180464
タイトル オーストリア保健・食品安全局(AGES)、ユーロバロメータ2010(食品リスクに関するEUの消費者調査)のオーストリアの結果概要を公表
資料日付 2010(平成22)年11月19日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  オーストリア保健・食品安全局(AGES)は11月19日、欧州食品安全機関(EFSA)がユーロバロメータ2010(食品リスクに関するEUの消費者調査)を公表したのを受け、オーストリアの結果概要を公表した。 当該調査は、オーストリアでは2010年6月10日~28日に996人を対象に実施された(EU全体では2010年6月9日~30日に26,691人を対象に実施)。主な結果は以下のとおり
1. 食品安全を懸念している61%(EU平均79%)
2. 食品が健康を害する可能性:非常に高いと思う5%(EU平均11%)
3. 食品を鮮度及び味で選ぶ92%(EU平均94%)
4. 残留農薬を懸念している67%(EU平均72%)、
 所見:オーストリアの残留超過率は大きく低下している。
5. 食品及び飲料中の遺伝子組換え体を懸念している67%(EU平均66%)
6. 食肉中の抗生物質及びホルモンの残留を懸念している63%(EU平均70%)
 所見:2009年の検査で残留があったのは9,359サンプル中21サンプル(0.2%)のみ。
7. 微生物(サルモネラ、リステリア等)による食中毒を懸念している57%(EU平均62%)
 所見:様々な管理措置によりサルモネラ症患者数は2002年以降70%減少した。
8. 動物の新型ウイルス(鳥インフルエンザ、新型インフルエンザA(H1N1)等)を懸念している41%(EU平均60%)
9. 食用のクローン動物を懸念している61%(EU平均65%)
10. 食品中のナノ粒子を懸念している40%(EU平均47%)、
11. BSEを懸念している35%(EU平均46%)、
12. 設問:普段食べている食品(魚、鶏肉、サラダ等)に重大なリスクが見つかったと想定し、以下の情報源が、リスクに関し正確な情報を提供しているとどの程度信じるか?
(1)国の食品安全当局及び欧州食品安全機関(EFSA):信頼する70%(EU平均64%)
(2)医師及び健康の専門家:信頼する91%(EU平均84%)
(3)家族及び友人:信頼する89%(EU平均82%)
(4)科学者:信頼する71%(EU平均73%)
(5)国の政府:信頼する73%(EU平均47%)
 EFSA公表のユーロバロメータ2010(調査報告書、サマリー及び加盟国別結果)は以下のURLから入手可能。
http://www.efsa.europa.eu/en/riskcommunication/riskperception.htm
 オーストリアの結果(英語版)は以下のURLから入手可能。
http://www.efsa.europa.eu/en/factsheet/docs/ebaten.pdf
地域 欧州
国・地方 オーストリア
情報源(公的機関) オーストリア保健・食品安全局(AGES)
情報源(報道) オーストリア保健・食品安全局(AGES)
URL http://www.ages.at/ages/ueber-uns/presse/pressemeldungen/gute-arbeit-schafft-vertrauen/