食品安全関係情報詳細

資料管理ID syu01740390110
タイトル カナダ保健省(Health Canada)、緑茶からの抽出物が肝毒性と関連する疑いを示す事例を公表
資料日付 2007年1月2日
分類1 -
分類2 -
概要(記事)  カナダ保健省(Health Canada)は1月2日、緑茶からの抽出物が肝毒性と関連する疑いを示す事例について、食品及び医薬品の有害作用に関する季報Canadian Adverse Reaction Newsletterの第1号(Vol.17, Issue 1, January 2007, 6ページ)で公表した。概要は以下のとおり。
①健康だった42歳の女性が腹痛と黄疸で検査入院したところ、肝機能が国際標準比5(正常値は1)で、アンモニア濃度が上昇していた。CTスキャンの結果は正常で、B型及びC型肝炎の検査結果は陰性だった。
②当該患者の容態は悪化し、入院9日後に昏睡状態。ラボの検査結果は抱合型ビリルビン234μmol/L(正常値は4未満)、総ビリルビン423μmol/L(正常値は16未満)、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ217IU(正常値は10-42)。
③肝臓の生検結果は「毒性肝炎(toxic hepatitis)」と報告され、入院17日後に肝臓の移植手術が行われた。
④当該患者は入院する前の6ヶ月間にわたりGreen Lite Polyphenonを1日6カプセル摂取していた。当該製品は緑茶のカフェインを除去した抽出物を含有し、1カプセルにカテキン100mgが含まれていた。
⑤当該製品は痩身剤として使用されていたが、カナダでの販売は認可されていない。
⑥当該患者は過去数年間にわたり長期避妊薬デポ・プロベラ(Depo-Provera) 150mlを3ヶ月毎に注射していたほか、自宅でノミの駆除スプレーを使用していたことも併せて報告されている。
 なお当該事例の参考資料として、緑茶の水アルコール抽出物とヒトの肝毒性を関連付けた2005年の報告(PubMedに掲載)が紹介されている。
地域 北米
国・地方 カナダ
情報源(公的機関) カナダ保健省(Health Canada)
情報源(報道) カナダ保健省(Health Canada)
URL http://www.hc-sc.gc.ca/dhp-mps/medeff/bulletin/carn-bcei_v17n1_e.html